目標を変えてトライしてみると楽しいかも♪

ダイエットをやっている人は、
毎日の生活の中で「制限」されながら苦痛を味わいます。

これを食べたらダメ、あれを食べてもダメと、
制限さてストレスが溜まると思います。

僕は今、ダイエットをやっていますが、
何も制限をしていません。

ダイエット中にも関わらず、
カロリーメイト(チョコ味)を20箱も買ったりしています。

ただ、「脂質の多い物」は避けています。

僕には、筋トレの「目標」があります。

「逆立ちをマスターする!」という目標と、
「片手懸垂をマスターする!」という目標があります。

この目標のために、食べる物を変えました。
タンパク質の多い食品を食べるようになりました。

自分の目標に、生活習慣を合わせました。

そうするとね、
体重が少しづつですが落ちて来ています。

逆立ちや、片手懸垂の練習をすることで、
体が絞れてきています。

僕は、目標達成を目指して、
向上心を持って生活をしています。

目標の達成を、ワクワクしています。

しかし、僕が、
「ダイエットで痩せるぞ!」という目標を掲げていたとしたら?

ワクワクした生活ではなくて、
制限された苦痛な毎日で、ストレスをため込んで、
楽しくない生活が続いたでしょうね。

しかし、僕は今、着実に体が絞れてきています。
脂肪が落ちてきて、筋肉が付いて来たからです。

目標を設定することは間違いではありません。
とても良いことです。

ただ、目標を少し変えてみると、
一石二鳥な場合もあるってことです。

僕はダイエットをやっていますが、
ダイエットだけが目標ではありません。

ダイエットという目標も持ちつつ、

片手懸垂をマスターする目標と、
逆立ちをマスターする目標の方に力を入れました。

そうすると、
目標に近づくにつれて、体重が落ちてきたんです。

例えばですが、ダイエットをしたければ?

「懸垂を1回出来るようになる!」

IMG_6812.JPG


懸垂もきつかった!.jpg


こういった目標を持つと、ダイエット効果があるかもしれませんね。

懸垂をするためには、懸垂の練習をします。
それが良い運動になる。

懸垂をするために、筋力をつける。
筋力をつけるためにも栄養があって、タンパク質が豊富な食生活に変わる。

懸垂の練習を、3か月もやっていれば見えてきます。
体重の変化もあると思います。

僕のお勧めです。
「懸垂を1回出来るようになる!」

その目標を達成した時には、
体重の変化があると思います。



スポンサーリンク