独り言(ひとりごと)

独り言(ひとりごと) 人間関係で苦しんでいるならば、 「環境を変える」事をお勧めします。 相手に問題がある場合もありますが、 自分自身に問題がある場合もあります。 環境を変えると、 心が落ち着きます。 環境を変えると、 心を取り戻せるきっかけになります。 旅行に行くと心が休まるでしょ? 心に癒しを。

続きを読む

独り言(ひとりごと)

独り言(ひとりごと) 自分に非があるなら、 素直に相手に謝罪する事です。 それを怠ると、 相手からの信用を失います。 自分の非を認め、 相手に謝罪する事は、 恥ずかしい事でしょうか? 自分の非を認めず、 相手に謝罪も出来ないような人間こそ、 恥じだと思います。 恥じとプライドを混同しているのでしょう。

続きを読む

独り言(ひとりごと)

独り言(ひとりごと) 勝っているよりも、 劣っている方が好き。 勝っている時は、 負かされる恐怖があって、 劣っている時は、 勝ってやろうという向上心がある。 だから、 負け組と言われる側に生まれて来た方が、 人生が楽しのかも知れませんね。 自分のテクニックで勝負出来るんですから。

続きを読む

独り言(ひとりごと)

独り言(ひとりごと) 自動車だって、 整備をして大切にしてあげると長持ちします。 人体も同じで、 自分の魂が肉体を操縦していると思えば、 自分の肉体を大切に出来るかも知れませんね。 たとえ、 どんな肉体であろうと。 自分の肉体を好きでないと、 人生がつまらなくなります。 魂と肉体で人間。

続きを読む

独り言(ひとりごと)

独り言(ひとりごと) 最新式の自動車なら、 誰が運転しようが速くて当たり前。 しかし、 ポンコツはそうではない。 ポンコツを速く走らせるためには、 テクニックが必要です。 それが、 ポンコツの魅力です。 自分のテクニックを披露出来るんですから。 勝っているよりも、 劣っている方が好き。

続きを読む

独り言(ひとりごと)

独り言(ひとりごと) 色鉛筆には多くの色があります。 赤や青などは人気がある。 黄土色なんてウ〇コを書く時くらい。 でも、 黄土色も色鉛筆の中の1色。 無くてはならない色。 僕の人生も黄土色のようなもの。 しかし、 僕にも存在価値があるはず。 人には人の個性というカラーがあるから。

続きを読む

独り言(ひとりごと)

独り言(ひとりごと) 人には人の「やり方」がある。 自分のやり方で物事を進めている時、 他人から口を挟まれる。 「そんなやり方はダメでしょ!」 こんな事を言われたらどうでしょうか? そんな事を言われた場合は、 「アドバイスありがとう!」 と答えると良いです。 また、 「十人十色ですから。」 と付け加えると良いでしょう。 「自分の知識が正しいと思…

続きを読む

独り言(ひとりごと)

独り言(ひとりごと) 人間関係のコツとは? 「自分の主観を尊重」する事です。 自分には自分の考えがあります。 また、 相手にも相手の考えがあります。 自分の主観を尊重出来る人は、 他人の主観も尊重出来る人です。 自分の主観を尊重するように、 相手の主観も尊重するんです。

続きを読む

独り言(ひとりごと)

独り言(ひとりごと) 失うものが無いと、 強くなれたりする場合がある。 また、 希望があると、 強くなれたりする場合がある。 いえいえ、 希望があるから、 失う怖さが小さくなってくれて、 強くなれるのかも知れません。 僕の、希望の言葉です。 「初めに、神が天と地を創造した。」 創世記 1:1

続きを読む

独り言(ひとりごと)

独り言(ひとりごと) 辛い事だとかを、 乗り越えるんじゃなくて、 辛いことを経験して、 嫌な目に合って、 その後、 「どうするのか?」 そこがポイントかなって。 嫌な目に合って、 「泣いて終わる」なら成長なんてない。 嫌な目に合って、 「なにクソ!」と思えたら強くなれる。

続きを読む