僕の師匠は「イエス・キリスト」です。

僕は「聖書」を愛用しています。 その聖書の最初のページには、 「初めに、神が天と地を創造した。」 (創世記1章1節) このような言葉が書かれています。 我々がいる、この世界を、 神様が創られたというのです。 そして神様が人間を創られた。 神様が肉体を創られて、 肉体に霊を注いでくださり人間となった。 人類最初の人間が「アダム」です。 神様は、…

続きを読む

生きて行く希望を失った人に、かける言葉は?

僕は22歳の時に、 イエス・キリストを救い主だと信じました。 「クリスチャン」という呼ばれ方は、 少し抵抗があります。 気恥ずかしいですね。 僕が、なぜ? イエス・キリストを救い主だと信じたのか? それは、 人生に絶望していて、 生きて行く希望がなかったからです。 20歳の時に、 オートバイで事故を起こして、 脊髄を損傷し、 下半身の自由を失いました。 …

続きを読む

クリスチャンって?

クリスチャンってね、 「日曜日に教会堂へ行く人達」 という意味ではないです。 イエス・キリストを、 救い主だと信じる人達の事を、 クリスチャンと呼んでいるのであって、 日曜日に、 習慣で教会堂へ行く人達の事ではありません。

続きを読む

福音とは? 良い知らせです。

僕の好きな言葉です。 イエス・キリストが語られた言葉です。 すべて、疲れた人、 重荷を負っている人は、 わたしのところに来なさい。 わたしがあなたがたを休ませてあげます。 (マタイ11:28)

続きを読む

多くの人達と接して行こうかな?

僕は聖書を愛読しています。 その聖書には、 聖書の言葉を信じている人に、 優しくしてくれた人は、 神様が必ず良い報いを与えて下さるようです。 解りやすく言うと、 僕は聖書の言葉を信じていますので、 僕に親切にしてくれる人や、 僕に優しくしてくれる人には、 神様からの良い報いがあるようです。 ということは、 僕が多くの人達と接して、 多くの方々から親切に…

続きを読む

イスラエルの王、伝道者の言葉。

独り言(ひとりごと) 人は、 この世界に裸で生まれてきます。 そして、 しばらく生きて死ぬ。 死んで、 裸でこの世界か消えていく。 どれだけの、 富と名声を築いたとしても、 この世界からは、 何1つも持って行けません。 過去に、 イスラエルという国の王様がいました。 世界で1番の、 富と名声を築いた王様です。 その、 ソロモン王が言…

続きを読む

【聖書】 聖書を学ぶために

☆学び☆彡 聖書を学ぶための本があります。 僕が教会堂へ通い始めた頃に読んでいた本です。 今から30年も前に読んでいた本です。 今まで、いろんな学びの本を読んできましたが、 この、 「パウロと同船して」 という本が印象深く残っていました。 それで再度、注文して取り寄せてみました。

続きを読む

☆実践したい聖句☆彡

☆実践したい聖句☆彡 あなたは、 施しをするとき、 右の手のしていることを 左の手に知られないようにしなさい。 新約聖書 マタイの福音書6章3節 イエス・キリストが語られた言葉です。 実践して行きたいです。

続きを読む

見返りを求めず「与える」勇気。

与えなさい。 そうすれば、自分も与えられます。 出典:ルカの福音書6:38 この言葉は、 イエス・キリストが語った言葉です。 人は、誰かから何かしらの施しを受けると、 感謝の思いを起こすと思います。 誕生日のプレゼントをもらうと、 嬉しくて、 相手の誕生日にもお返しをしようと思います。 通りすがりの人に親切にされたら、 自分もまた、 見ず知らずの方に親…

続きを読む

好きな言葉

そればかりではなく、 患難さえも喜んでいます。 それは、 患難が忍耐を生み出し、 忍耐が練られた品性を生み出し、 練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。 出典:新約聖書 ローマ人への手紙 5章3節-4節 上記の文章は、 僕が愛読している新約聖書の中に書かれている手紙です。 パウロという人物が、 ローマにいる聖徒たちに送った手紙です。…

続きを読む