潜在意識に暗示をかける!

顕在意識があって、 潜在意識があるようです。 顕在意識で、 潜在意識に暗示をかけると、 潜在意識が暗示にかかって、 自分の願望を叶えようとするようです。 僕がテレビをよく観ていた頃、 「気合いだ!気合いだ!気合いだ!」 と連呼する有名なオジサンがいました。 あれは、とても効果的な暗示だと思います。 自分の潜在意識に、 「気合い」を入れさせているんです。 …

続きを読む

世間の常識って何ですか?

僕は最近、 楽しいと思う事に、素直に向き合おうと思っています。 楽しい事を、好きな事を、 「しちゃいけない?」 そんなルールはありませんから。 あるとすると、 「世間の常識」というものが、 自分の好奇心を妨げるのかなって。 世間の常識を気にし過ぎると、 やりたい事もやれなくなる場合があります。 世間の常識なんて、 他人の主観ですから。 世間の常識なんて…

続きを読む

プチ断食は、難しくありません。

昨日からプチ断食をしています。 ある「目的」があってプチ断食をやっています。 「断食」という言葉を聞くと、 大変な事をやっているんだなって思うかも知れません。 しかし、 僕の普段の食生活は「行き当たりばったり的」な食生活で、 規則正しいものではありません。 朝ご飯は「健康」の為に食べません。 昼12時から、 夜の8時までの間に、好きなものを食べてます。 お…

続きを読む

陰口を聞いてしまうと、相手と同類になる。

僕は、陰口を言う人の話を聞きません。 もし? 相手が他人の陰口を言い出したら、 僕は言います。 「そういう話は聞きたくない」 「言いたい事があれば、本人に直接言えば?」 このように、 陰口を聞かないようにしています。 もし、 その陰口を聞いてしまうと、 僕の心が「汚れる」からです。 陰口ってポジティブな言葉でしょうか? ネガティブな言葉を聞くと、 心に影…

続きを読む

あらぬウワサをまき散らす人?

他人に嫉妬して、 嫌がらせをする人も多いです。 相手の、あらぬウワサをまき散らして、 相手を陥れようとするんです。 「〇〇さん、最近、何か危なっかしいから気を付けてね!」 「ここだけの話だけど、〇〇さんって・・・」 「あの人には関わらない方が良いよ!」 「聞いた話だけど、あの人って・・・」 このように、 相手を陥れるために、 色んな人に、あらぬウサワを吹聴するんで…

続きを読む

ネガティブな言葉を振り払おう♪

暑い日に「暑いねぇ~! 嫌だねぇ~!」と言うと、 暑さが「苦」に感じてしまいます。 しかし、 暑い日に「暑いねぇ~♪ 夏は暑くて気持ちいいねぇ~♪」 このように意識すると、 夏の暑さが快適にさえ思えるんです。 夏って、暑い季節なんです。 暑くて当然なんです。 それを、 「暑いねぇ~!」と追い打ちをかけるから、 余計に熱く感じて、苦になるんです。 夏に、 「…

続きを読む

発想の転換で、不幸を幸福に!

天気予報を観ると雨です。 1日中、雨が降るようです。 大事な仕事があって、 雨が降る中、仕事に向かいます。 雨が降ろうと晴れていようと、 仕事は天候には左右されません。 雨の日に、 「ずぶ濡れになって損をした!」 と思う人もいる。 雨の日に、 「ずぶ濡れになってでも仕事を達成したぞ!」 「責任感と達成感を味わえて得をした!」 と思う人もいる。 雨が降…

続きを読む

解釈の違いで、何とでも変わる。

天気が良い日に、 「こんなに良い天気なのに、家に居るのは勿体ないよね。」 こんな風に感じた経験があるかも知れません。 しかし、解釈の違いで、 感じ方も変わって来る事があります。 例えばですが、 Ⓐ「こんなに良い天気なのに、家に居るのは勿体ないよね。」 という言葉を、少し解釈を変えると、 Ⓑ「こんなに良い天気なのに、家に居る方が贅沢なんだよね。」 という言葉に変えると…

続きを読む

無ければ作れば良い♪

「無い」から「出来ない」という、 呪縛のような言葉があります。 ・〇〇が無いから出来ないんだ。 ・仕方がないんだ。 しかし、少し発想を変えてみると、 ・さっきまでは無かったけれど、 ・今はある。 発想次第で、何とかなるようです。 サッカーを例にあげて説明してみます。 僕は右サイドバックというポジションです。 スペースが無くて、 前方の味方にパスが出来ませ…

続きを読む

ターニングポイントを意識する?

ダイエットを始めたとします。 しかし、3日も経てば断念する人も多いです。 続かないようです。 意志が弱いから続かないのかも知れませんね。 その意志とは、 意識する事かも知れません。 ・何の目的で痩せたいのか? ・何キロになりたいのか? ・いつまでに痩せたいのか? ・どんな計画があるのか? これらの目的意識が、しっかり決まっているでしょうか? 何の目的意識も無…

続きを読む