犬と猫

犬は「ワン!」と鳴きます。 猫は「ニャー!」と鳴きます。 犬に向かって、 「何でワン!としか鳴かないんだ!?」 「猫みたいにニャー!と鳴け!」 と言う人はいませんよね? 犬は、 生まれた時からワン!と鳴くものです。 犬も猫も、 「特色や性質」を持って生まれてきます。 人間もまた、 それぞれが「特色や性質」を持って生まれてきます。 そして人間には…

続きを読む

人を傷つける人の幼少期

今は心が穏やかです。 「知識と経験」が、 心を穏やかにしてくれている部分もあります。 知識と経験が浅い時、 「あいつ、ぶん殴ってやろうか!!!」 と思うような人達が多かった。 でも、 知識と経験が豊かになると、 「あの人には罪がないよ。」 と擁護できたりするんです。 若い頃、 大嫌いな知り合いがいました。 ・口を開けば人の悪口。 ・他人の…

続きを読む

常識とは、社会と折り合いをつけるための「指標」です。

世の中には「常識」というものがある。 常識というのは、 一般的な人達の知識であったり、 思慮や分別を表すようです。 思慮に欠けた言動をする人は、 「常識のない人」 とレッテルを貼られることになる。 しかし、 今では常識になっている事でも、 それが常識になるまでは、 未知の状態で、 未知の事に対してチャレンジする時には、 非常識に映るものです。 いわば…

続きを読む

楽な人間関係の築き方

結論からいうと、 「普段の自分を包み隠さず曝け出す」と、 人間関係がとても楽になります。 とはいえ、 自分の嫌な面を、 好きな人の前で曝け出すのは躊躇します。 けれど、 いざ、 恋人同士になったり、 結婚したとしたら、 普通に嫌な面を晒すようになります。 そして、 好きだった人の嫌な面をたくさん見るようになって、 嫌気がさしてきて、 恋が終ったり、 夫婦…

続きを読む

興味があるか?興味がないか?

知り合いに、 「メダカの飼育をしているんです。」 と話をすると、知り合いが言います。 「水替えとか大変でしょ!」と。 しかし僕は、 今となっては、 水槽の水替えは苦痛ではありません。 メダカを飼い始めた頃は、 やっぱり大変でした。 やること全てが、 初めての事ばかりでしたから。 メダカの飼育に慣れてしまうと、 水の入れ替えは苦痛ではなくて、 「出来る…

続きを読む

言葉という「コミュニケーションツール」

言葉は便利なコミュニケーションツールです。 しかし、 時にその便利な言葉で、 人の心を傷付けたりするものです。 また、 その言葉で、 人の心を生き返らせることもある。 使い方が大切です。 使い方を大切にしていても、 言葉を受ける側の主観よって、 反応が変わってしまう事もある。 こちらとしては、 「褒めている」のですが、 相手にとっては、 …

続きを読む

自分にとって「苦手な人」ってどんな人?

「十人十色」という、 ことわざがあるように、 人は1人1人の「個性」がある。 違う個性を持った者同士で、 意見が食い違うこともある。 その逆も然り。 今から3年前、 僕には苦手な人がたくさんいた。 顔も見たくない人、 顔を見たら殴ってやりたくなる人、 人の話を最後まで聞けずに否定ばかりする人、 上からものを言う人、 他人を虫けら扱いする人、 数え…

続きを読む

思いやりという言葉の「ウソ」

日本には、 日本独特の「文化」というか「風習」があるようです。 本音を隠して、 建前で相手に角が立たないよう配慮する。 そして、 思いやりの精神があったりする。 それが日本の「美徳意識」だったりする。 安倍晋三さんが言っていましたよね、 「美しい日本!」と。 これから書くことは、 違った角度から人間の心の中を覗いたこと、 本心を曝け出した事を書いてみます…

続きを読む

人との「接し方」について学んでみたいです。

僕の人生で経験してきた、 成功談や失敗談を交えて、 「人間関係」について書いてみたいです。 結論から言うと、 人間関係を良くするためには、 「自分の意識を変える」 ことが近道なようです。 人間関係で上手く行かない時というのは、 「相手に不満がある」 場合が多いと思います。 そして、 相手へ「責任転嫁」してしまいがちになります。 ・ある人は、 自分の事を棚…

続きを読む