育った環境と性格|エッセイ

人間は生まれて来る時に、

・肉体(細胞:約35兆個~60兆個)
・霊(心)
・遺伝子(DNA)
・気質
・血液型


これらを持ってこの地球上に誕生すると思います。
*僕の想像です。

知識も何もなくて、言葉も知らなくて、
みんな裸で生まれて来ます。

生まれて来た肉体の中には、
心があって、親からの遺伝子を受け継いで、気質を持っているようです。

「気質」とは???

「先天的にもっている刺激などに反応する行動特性」

出典:ウィキペディア様 「気質」

そして、生まれた環境で育つと思います。

その環境は千差万別です。
その気質も千差万別です。


気質とよく似た言葉に、
「性格」というものがあります。

「性格」には、これといった定義がないようです。

ウィキペディアによると、

「性格を人の行動を予測する特質として定義する。」
「学習や習慣を通じて性格を定義する。」


ある心理学では、
人の性格は幼少期に形成されると言われています。

性格は、
自分が育った環境などが大きく影響するようです。

気質と性格を簡単に説明すると、

気質は「先天的」なもの。
性格は「後天的」なもの。


このように僕は思っています。

先天的に気質を持って生まれて来て、
家庭環境の影響を受けて性格が形成される。


先天的な気質は変えれないけど、
家庭環境の影響の受け方が変わると?
性格が変わると思います。

手相でも同じ理屈なのですが、

・利き手の反対の手が先天的な手相を表し、
・利き手が後天的な手相を表すようです。


後天的な手相は、
生活習慣を変えることで手相が変わります。

それと同じように、生活環境を変えると、
自分の性格が変わると思います。

自分の性格が悪いと思う人は、
自分の責任ではなくて、

生まれ育った環境が、
悪影響を及ぼしていたかも知れませんね。


だってね、
人は丸裸で生まれてくるんです。

周りの環境を、見て聞いて、感じて、
育って行くんです。


周りの環境が悪ければどうなりますか?

極端な話をしますが、
生まれた環境が不衛生ならば?

病気になって死んじゃうかも知れませんよね?

「環境の責任にするな!」

と怒られる方がいるかも知れませんが、
事実、環境の影響を受けて人は育ちます。

いえいえ、環境があるから、
人は生きて行けるのです。

人が暮らす環境が無い土地で、
生きては行けませんからね。

環境があるから、
人が生活出来るんです。

その環境も千差万別だと思います。

世間の常識などを刷り込まれて育った子供が、
やがて大人になって親になる。

そして自分の子供に、
世間の常識や自分の主観を刷り込ませる。

その子供は、親から世間の常識や親の主観を刷り込まれて、
やがて大人になって親になる。


そういう家系・環境もあります。

そういう環境で育ってしまうと、
自分の意志が無くて、
「世間の常識」に振り回される人生になるんです。

世間の常識なんてね、
なんとも「無責任」なものです。

何か新しい事にチャレンジしている人を捕まえて、
「非常識な事をするな!」と言います。

そして、新しい事にチャレンジしていた人が、
成功を収めて、マネをする人が増えた。

そすると、
「非常識な事をするな!」と言っていた人まで、
同じ事をやり出すのです。

そして、同じことをする人が増えたら?
それが常識になるんです。


常識なんて多数決のようなものです。

世間では、
「性格なんて簡単に変わらないよ!」と言います。

僕は、そんな事を言う人達に逆に聞きたい。

「じゃあ、自分の性格って、どうやって出来たの?」

このように質問したいですね。

気質は変えれないかも知れないけど、
性格は変えれると思います。

環境が変われば、性格も変わると思います。

・いつも他人の悪口ばかり言っている人達がいる場所から、
・いつも他人に感謝の言葉をかけている人達の場所へ行くと、

性格が変わると思います。

・いつも、ひねくれた事を言っている人とはなれて、
・いつも、笑顔で楽しい会話をする人と過ごすと、

性格が変わると思います。

極、身近な人の影響で、
性格が歪んでしまうと思うのです。

その逆も然り。

素敵な人達と触れ合っていると、
良い影響を受けて品性が磨かれると思います。



IMG_7998.JPG


↓↓↓ ポチっとお願いします♪


HSP (Highly Sensitive Person)ランキング