生と死、食物連鎖|メダカ水槽

昨日から、
「黒龍姫メダカ」が産卵をしています。

卵を見ると白っぽいです。
無精卵かも知れませんね。

IMG_4134.JPG


大きな水槽には、
古株のメダカ達が暮らしています。

一番、大きかったメダカが死にました。
数日前から様子が変でした。

そして、昨日は、
自分の子供に挨拶をしていました。

寄り添っていました。

そして昨夜、死にました。

今朝、水槽を見ると骨になっていました。

IMG_4126.JPG


IMG_4123.JPG


IMG_4124.JPG


水槽の中の、
・サイアミーズ・フライングフォックスと、
・イエロー・チェリーシュリンプが、
死んだメダカを食べたんです。

食べ終えて骨だけになりました。

僕は、水槽の中で死んだメダカを、
そのままにしておく時と、
すぐにガジュマルの木の下に植える時があります。

それは、
「僕の感情」が入る時と、
「食物連鎖」を意識する時とがあるからです。

感情が入ると、
死んだメダカを見ていると、
息が詰まる思いになります。

しかし、
食物連鎖という意識がある時は、
水槽の中の生き物達のエサと思って、
目をそらすのです。

まあでも、
何日も、死んだメダカを放置しません。

せいぜい、1日ですね。

1日経って、
まだ骨になっていなかったら?
取り出して埋めてあげます。

メダカが死ぬと、
サイアミーズ・フライングフォックスと、
イエロー・チェリーシュリンプが、
死んだメダカを食べます。

丸1日で骨になるんです。

その骨は、
カルシウムが溶けだし無くなります。

カルシウムは、
水草の栄養にもなりますし、
イエロー・チェリーシュリンプ達の、
脱皮不全を解消し、
水質を弱アルカリ性へと傾けるようです。

メダカの誕生にも、
メダカの死にも、

ちゃんと「意味」「目的」があるようです。

メダカが死んでしまうと、
やはり悲しいですが、

メダカが死ぬ目的もあるんですよね。
メダカが生まれてくる目的もあるんですよね。

「食物連鎖」という目的がね。

自然界でのメダカの立ち位置は、
他の動物たちの「エサ」でしょうかね。

メダカもまた、
川に住む微生物を食べます。

そのメダカを、
大きな魚や鳥が「エサ」として食べます。

そうやって、
川の中の「栄養」が海に流れて、
海のプランクトンたちのエサになり、
そのプランクトンたちが、
他の生き物たちのエサとなり、
海全体へと食物連鎖が広がります。

そうやって、
自然が循環しているのですね。

自然の摂理ですね。

僕が、こんなクールな記事を書けているのは、
メダカたちが、
案外、クールなんです。

死んだ仲間を見ても、
悲しんでいる様子はありませんし、

死んだメダカの横で、
エサを食べたりしていますからね。

案外、メダカたちはクールなんですよね。

それを見ていると、
僕もね、
少しずつですがクールになってきています。

最初は、
死んだメダカを見ると、
心が痛みましたが、

今では、メダカの死も、
「食物連鎖」だと思えるのですからね。





↓↓↓ ポチっとお願いします♪


HSP (Highly Sensitive Person)ランキング