人を好きになるとか、妥協とか。

僕の恋愛遍歴を振り帰ると、
「なぜ、相手を好きになったのか?」
解らなかった場合が多かったです。

相手を好きになる理由って?
考えてみると不思議な事が多いです。

優しくしてくれたから?
好きになった。

でもね、優しくしてくれる人なんて、
その人以外にもたくさんいます。

なぜ、その人でしかダメなのか?

好みだったのでしょうね。
好きなタイプの女性だったのでしょうね。

メダカ達だって、
見ていたら好みがあるようです。

その好み、タイプって何でしょう?

好きになる人が、
こういう顔でないとダメな理由って何だろう?

僕には、
やっぱり好みがあるようです。

好きになる女性の顔が、
やっぱり似ていますね。

また、僕の場合ですが、
下品な言い方になりますが、

Hが出来る相手じゃないと、
その女性を好きにならないですね。

言い換えると、
好きではない人と、
Hは出来ないんです。

今はね。

今はという事は、
過去は、そうではなかったようです。

若さゆえの過ち。
思春期ということで、
ごめんなさい。

僕が、
相手を選ぶ基準は、
Hが出来る相手ということ。
それが大前提でしたね。

僕はHSPという敏感な体質なので、
ニオイだとかにも敏感です。

敏感肌なので、
長い毛がチクチクするので、
髪の長い女性は恋愛対象外でした。

今もです。

ショートカットの女性に好感を持ちます。

また、女性に求めていたのは、
「誠実」でした。

裏切るような人は、
好きにはなれませんでした。

だから、今、
僕の恋愛基準は、

・その人とHが出来るか?
・その人が信用できるか?
・その人と一緒に死ねる覚悟があるか?

僕は、好きな女性とは、
「一心同体」になりたいんです。

敏感体質な僕でも、
いつも一緒にいれて、
ずっと愛していられる人。

ずっと、
相手を愛していられる、
相手も僕を愛してくれる。

そんな人が僕の理想です。

僕の生活範囲の中に、
そういう人がいたら?

僕はその女性に恋したでしょう。

もし、
僕の住む環境の中に、
僕の理想の人がいなかった時は、

僕の理想に近い人と、
「妥協」して結婚するのだろうか?

よく、
「結婚は妥協だ!」
と言う人がいますが、
ソレなのでしょうかね。

僕の恋愛基準は、

・その人とHが出来るか?
・その人が信用できるか?
・その人と一緒に死ねる覚悟があるか?

あくまでも、
僕の恋愛の基準なので参考にしないでね。

参考になんて、
ならないでしょうけど。(笑)


IMG_7997.JPG


↓↓↓ ポチっとお願いします♪


HSP (Highly Sensitive Person)ランキング