ストリートワークアウトの「技」を極める!

去年の7月から筋トレを始めて、
あっという間に1年が経ちました。

筋トレの効果のほどは?

物凄い効果がありました。

・新陳代謝が活発になりました。
・尿の量が増えました。
・健康的な肉体になりました。
・持病以外の病気は併発していません。
・思考が前向きに変わりました。
・心が明るくなったと思います。
・筋力が付いて出掛けるのが楽になりました。
・美しい肉体になりました。(お腹以外は。笑)

1年間、筋トレをやり続けられた理由は、
筋トレが楽しかったからでしょうね。

えっとですね、
記事のタイトルに書かれている、
「ストリートワークアウト」という言葉ですが、
簡単に説明すると、
ストリートでトレーニングをするという意味になります。

主に「公園」などでトレーニングをする事を、
ストリートワークアウトと呼ぶ方が多いです。

オリンピックなどの体操競技の技を、
公園でやったりするんです。

筋肉を使った、
「パフォーマンス」のようなものでしょうかね。

このストリートワークアウトには、
たくさんの「技」があります。

かなりレベルの高い技で、
「プランシェ」という名前の技があります。
僕は両足が無いのでやりやすいです。

こちらがプランシェです。
この状態をキープするんです。

bandicam 2020-06-29 16-53-52-364.jpg


僕の最高記録が、
75秒間、この姿勢をキープ出来ました。
今は肩を痛めているので30秒?
出来たら良い方でしょうかね。

そして、こちらが、
「フロントレバー」という技です。

bandicam 2020-06-17 19-30-53-927.jpg


フロントレバーも、
この姿勢をキープするんです。
僕はフロントレバーが好きじゃないので、
30秒くらいで止めます。
記録は伸ばそうと思わないんですよね。
フロントレバーは、
僕は、あまりしんどくないんです。
ぶらさがっている間が退屈なんです。

そして、こちらが、
「フロントレバーレイズ」です。

bandicam 2020-06-08 15-26-20-925.jpg


フロントレバーレイズは、
ちょっとキツイので楽しいです。

10回やると、
息を切らしてしまいます。
僕的には好きな技ですね。

ストリートワークアウトの技には、
まだまだたくさんあります。

僕の身体的状態で、
出来ない技も多いです。

僕が、努力したら、
出来そうな技が10種類ほどあるのかな。

大体は技を極めましたが、
後2種類ほどの技がマスター出来ていません。

それは、
「片手懸垂」と、
「マッスルアップ」という技です。

片手懸垂は、
何度かやっているのですが、
完璧ではないんです。

片手で体を持ち上げれるのですが、
足が無くてバランスが崩れたりして、
ちょっとやりにくくてね。

あと、マッスルアップは、
普通に出来ません。(笑)

多分、今年一杯、
右肩が完治しないと思うので、
マッスルアップは来年ですね。

今年は、片手懸垂を、
そこそこマスターしたいです。

取りあえず、
痛めた右肩を治さないとね。

今年の3月末に、
右肩を痛めました。

慢性的な?
五十肩でした。
かなりハードなトレーニングをやりました。

そして痛めたんです。

現在は、軽いトレーニングをやっています。
軽いトレーニングをやり、
しっかりタンパク質を摂っています。

ハードなトレーニングをやっていた頃は、
タンパク質の摂取量が少なかったんです。

断食なんかもやっていましたし。

筋トレやりながら、
断食するバカがどこにいますか?

恥ずかしい限りです。

僕がやっているのは、
筋トレは筋トレなんですが、
正しく言うと、

「ストリートワークアウト」をやっています。

ストリートワークアウトの技を極めています。

技を極めるために、
技の練習をします。

その練習がトレーニングですね。

技を極めた時には、

・達成感・優越感が味わえて、
・筋力・筋肉が付いて、
・美しい肉体美を手に入れて、
・努力して得た「自信」があります。


筋肉を付けるために、
筋トレをやっているのではなくて、
ストリートワークアウトの技を、
極めるためにトレーニングをやっているんです。

50歳のオッサンが、
普通に懸垂とか出来たら?

カッコイイでしょ?

冴えないオッサンが、
服を脱いだら、細マッチョだったら?

驚くでしょ?

僕は、
ボディビルダーのような、
あんな筋肉はいらないんです。
細マッチョくらいが好きですね。

服を着ていたら、
冴えないオッサンにしか見えないけど、

「脱いだら凄いんやでぇ~!」
ってね。


脱いだら「ヘソ毛がボーボーやねん!」ってね。

(〃^∇^)o_彡☆あははははっ







↓↓↓ ポチっとお願いします♪


HSP (Highly Sensitive Person)ランキング