僕の師匠は「イエス・キリスト」です。

僕は「聖書」を愛用しています。

その聖書の最初のページには、

「初めに、神が天と地を創造した。」
(創世記1章1節)

このような言葉が書かれています。

我々がいる、この世界を、
神様が創られたというのです。

そして神様が人間を創られた。

神様が肉体を創られて、
肉体に霊を注いでくださり人間となった。

人類最初の人間が「アダム」です。

神様は、
人間が1人でいるのは良くないと言われ、
アダムの「肋骨」を取って、
「イブ」を創られました。

男と女が出来たのです。

その男女が結ばれて、
子供が出来ました。

カインとアベルという、
兄と弟が誕生しました。

それからも、
多くの人間が増えて行きました。

そして、世界中へと、
人間が広がって行きました。

僕達日本人も、
ルーツをたどって行くと、
アダムまでたどり着くんです。

最初の、アダムが、
分裂してイブとなり、
アダムとイブから子供が増えて行く。

僕はアダムのDNAを受け継いでいると思う。

人間のルーツをたどると、
全ての発信源は1つなんです。

アダムなんです。

アダムから、
今日までの人間が増えたのです。

世界中の人々は、
家族なんですよね。

その家族が、
殺し合いをするんですよね。

人類最初の殺人事件があります。

アダムとイブから子供が生まれました。

カイン(兄)と、アベル(弟)です。

神様は、
弟アベルの捧げものを喜ばれた。

しかし、
兄カインの捧げものには喜ばれなかった。

それで兄カインは、
嫉妬のあまりに、
弟アベルを殺してしまったんです。

それが、人類最初の殺人事件でした。

余談になりますが、
その兄「カインの末裔」が、
現代裏社会で世界を操っているだとか。

そして、
人間には「原罪」というものがあって、

人類最初の人である、
アダムとイブが、
神様との「約束」を破ったことで、
人間に「罪の意識」が芽生えました。

それが原罪です。

神様は、その約束の中で、
約束を破ると「あなたは死ぬ」と宣言されました。

・神様が人間と約束された。
・その約束を人間が破った。
・人間が罪を犯す性質を持ってしまった。
・人間に罪の意識が芽生えた。
・人間の世界に「死」が入り込んだ。
・神様が罪を赦してくださった。
・神様が罪の身代わりを用意してくださった。

今日も、
人間が犯してしまう罪の、
身代わりがあります。

人間の罪の身代わりとして、
イエス・キリストの死があります。

人間は、罪を犯したことで、
死んでしまう生き物になってしまったけれど、
死後、新しい世界が用意されている。

その世界には、
もはや死が無い世界だそうです。

結婚だとか、
そういうものも無いそうです。

死後の世界は、
「アダム」の状態なのかも知れませんね。

男と女が一心同体になった、
単体の生き物なのかもね。

だから、結婚だとか、
そういうものが無いのかもね。

僕達人間は、
この世界で暮らして行くためには、
1人では生活が出来ません。

だから、
男女のペアになって、
人が増えて社会がなりたって、
生活が出来るのでしょうね。

この世界には、
罪を犯したがゆえに、
「死」が入り込みました。

しかし、
この世を去って、
新しい世界に行くと、
また新しく生まれ変われます。

死の無い世界で、
新しい体で生まれ変われるのです。

やがて、僕達は死にます。
この世を去ります。

でも、
新しい世界が用意されていると思うと、
死後に「希望」が湧きます。

今、生活が苦しいけれど、
後少し生きたら天国に行ける。

そう思うと、
もう少しだけ努力出来そうです。
力が沸いてくれます。

いえいえ、
この世界だって捨てたもんじゃない。

素敵なことがたくさんあります。

自然界を見渡すと、
とても神秘的なものも多いです。

楽しい事だってあります。

悲しい事も、
辛いことも、
悔しいこともありますが、

それらも、
よくよく考えたら?

大したことではなかったり。

悲しい事があったとしても、
その悲しみって何なのでしょうか?

悲しむ原因を考えて欲しいです。

悲しむ理由はなんでしょうか?

バカみたいな例え話ですが、

もし、自分が宝くじで、
5億円を手に入れたとします。

1カ月後に、
自分の銀行口座に入金されるとします。

その1ヵ月の間の生活は、
銀行にお金が入金されるまでの生活は、
どんな気分でしょうか?

お金で例えてしまいましたが、

世界中にいるクリスチャンたちは、
まさに、
同じような気分なんです。

死後、やっと、
死のない世界に行けるんだ!

新しい世界に行けるんだ!

そういう希望を持っているんです。

クリスチャンたちは、
宝くじを当てた人達よりも、

遥かに大きな喜びと希望を持って、
この世で生活をしているんです。

悲しい事、
辛い事があっても、

いつも神様がそばにいてくださり、
脱出の道を用意して下さっている。

僕が倒れた時は、
いつも、
神様が背負ってくれていた。

神様は、
人間を愛しておられます。

しかし、
人間は神様を愛していません。

その、
神様と人間との仲介者が、
イエス・キリストです。

三位一体の神ご自身が、
人間の罪を赦すために、
この世界に来てくださったのが、
イエス・キリストです。

僕の師匠はイエス・キリストです。


ランタナ.JPG




↓↓↓ ポチっとお願いします♪


HSP (Highly Sensitive Person)ランキング