僕がやっている筋トレは「優しい筋トレ」です♪

去年の7月から筋トレをやっています。
ほぼ、毎日、筋トレをやってきました。

筋肉を付けるために、
やむなく?
筋トレをやらない日もありました。

ところで、
僕がなぜ?
筋トレが続くのでしょうか?

結論から先に言うと、
僕の筋トレが「優しい筋トレ」だからです。

優しい筋トレというのは、
無理をしない筋トレなんです。

例えば、
腕立て伏せをやっていて、
「しんどい」と思ったら、
すぐに止めるんです。

休憩します。

それ以上、気分が乗らなかったら?
その日は終わりにします。

本来の筋トレは、
筋肉を傷めつけて、
歯を食いしばって、
ヒーヒー・ハーハー言いながら?
ぶっ倒れるくらいにトレーニングをします。

そうやって筋肉細胞を破壊します。
筋肉細胞は修復されます。

修復される時に、
元の2倍の大きさになって修復されるので、
筋肉細胞が大きくなるようです。

だから、
筋肉に激しい負荷をかけて、
ヒーヒー・ハーハーやった方が良いんです。

だけど、
僕はそれをやらないんです。

理由は「しんどいから」です。(笑)

しんどいと思った時、
すぐにトレーニングを止めて休みます。

気が向いただけ?
筋トレをやります。

それが、
僕の性格に合っているようです。

腕立て伏せ5回やって、
しんどいと思ったら止める。

休憩して再開すると、
腕立て伏せ5回が軽くなっています。

そうやって、
少しの筋力を付けては休む。

その繰り返しで、
ゆっくり階段を登って行くような、
優しい筋トレなんです。

そのかわり、
急激な筋肉増加は期待出来ませんが、
筋力は確実に上がります。

何よりも、
筋トレを「続けやすい」のです。

筋トレをやったはいいけど、
すぐに辞めてしまう人も多いです。

それは何故でしょうか?

「しんどい」からです。

しんどい事をするから、
辞めたくなるんです。

しんどくなかったら?
続ける事は難しくありません。

続けていたら、
それなりに筋力が付きます。

筋力が付いたら、
更に上のトレーニングが出来るようになります。

小さな事の積み重ねなんです。

それと、
僕の場合は「目標」があります。

筋トレの「技」があって、
その「技を極める」という目標があります。

目標がるから、
目標を達成しようと思うのです。

目標が、
僕のモチベーションを維持させているんです。

・目標と、
・優しい筋トレが、

モチベーションを維持されてくれています。

ハードな筋トレをやって、
3日で辞めちゃうよりも、

優しい筋トレを、
1年やる方が賢いと思います。

最初のハードルが高すぎると、
そのハードルを乗り越えれなくて、
挫折してしまいます。

挫折して、
「俺には無理だ・・」と、
諦めてしまうんです。

最初からハードルを高くしてしまって、
無理して肩や腰を傷めて、
筋トレを辞めてしまうんです。

最初にね、
ハードルを低くするんです。

何事にも順序があります。

小さな事からコツコツです。

その積み重ねなんです。


bandicam 2020-06-17 19-30-53-927.jpg