今は「選べる時代」だと思います。

2年ほど前にテレビを部屋から撤去しました。

テレビを撤去した理由は、
テレビを観ていると「心が重たくなる」からです。

テレビから流れてくる、
・耳障りな音や、
・耳障りな声を聴いていると、
イライラする事が多々ありました。

テレビのニュースを観ていると、
・悲惨な事故や、
・残酷な事件などを観て、
心が痛くなる事が多々ありました。

テレビは嫌な事ばかりではなくて、
楽しい番組もありました。

楽しい番組はどは、
YouTubeやAmazonプライムビデオ等でも観れます。

テレビですと、
その日の、その時間にしか観れません。
番組が決まっていますからね。

その点、
YouTubeやAmazonプライムビデオ等は、
「いつでも」「どこでも」「観たい時に」
観れるんですよね。

選べるんです。

テレビは、
番組を選べるけど、
その日の、その時間の、
チャンネルしか選べないんです。

その時間に観れない人達のために、
録画機器があるのでしょうね。

僕はテレビは観ませんけど、
YouTubeやAmazonプライムビデオ等は観ます。

僕が観たい物を、
僕が選んで観ています。

昔ね、深夜にF1のテレビ放送があったんです。
F1を観るのが楽しみでした。

しかしね、ある時から、
F1を観ていてイライラし始めたんです。

解説者の「滑舌:かつぜつ」が悪くてね、
解説者がしゃべるとイライラするんです。

また、解説者の話し方がね、
「ネガティブ」なんです。

音声を消したかったけど、
音声を消すと、
F1のエンジン音が聞けないんです。

それで、大好きなF1を、
観なくなったほどなんです。

いくら大好きなドラマや番組でも、
出演している人の滑舌や態度が悪ければ、
その番組を観ないんです。

不愉快な気持ちになるからね。

僕は「HSP」といって、
とても「敏感な体質」なんです。

時計の秒針の、
小さな「カチカチ音」が気になるんです。

敏感すぎて些細な事が、
気になってしまうんです。

女心には「鈍感」なようですが。( ´艸`)

学生時代も同じで、
苦手な教師だった時は、
その教師の授業なんて集中出来ません。

また、自動車学校へ通っていた時は、
その日に、生徒に苦手な人がいた時も、
授業に集中出来なかったですね。

仕事も同じで、
職場の上司に苦手な人がいたら、
仕事に集中出来ませんでした。

僕はHSPという敏感な体質なので、
人間関係がとても苦手なんです。

だからこそ、
今の「選べる時代」が嬉しいんです。

パソコンがあれば、
欲しい情報がすぐに手に入ります。

苦手な人の話を聞かなくてもいいんです。

自分の好きな人の、
YouTubeを観て勉強する事が出来るんです。

算数・数学の勉強がしたいなら、
YouTubeで探せば良いんです。

素敵なユーチューバーさんが、
詳しく、解りやすく、丁寧に、
教えてくれる動画があると思います。

勉強や学ぶ事ってね、
自分がやる気にならないと、
なかなか出来るものではないです。

やる気も無いのに、
授業を受けていても面白くないです。

僕が学生時代の頃なんて、
授業中は勉強どころではありませんでした。

何だか苦痛でした。

家に帰って、
自分で教科書を読んで、
自分で考えていた方が、
よっぽど勉強になりました。

言い方が悪いですが、
やっぱり「教え方」があるはずです。

教師の、
教え方が悪かったのかもね。

まあでも、
教え方が良くても、
学生時代って「思春期」ですから、
思春期で勉強に実が入らない時もありました。

数学の先生は、
胸の大きな先生でした。

僕は胸が小さい女性が好みですが、

クラスの男子生徒のほとんどが、
黒板を見ないで、
先生の胸を見ていましたね。

僕も見ていました。ヾ(´ε`*)ゝ

今の時代は、
勉強や学びたい事があった場合、
いくらでも情報が入る時代です。

欲しい情報を選べます。

何よりも大切な事は、
・勉強する目的、
・学ぶ目的が、
大切だと思うんです。

僕はメダカの飼育について学んでいます。
何故?学ぶのでしょうか?

やっぱり、
「メダカを大切に育てたい」
と思うから学ぶんです。

メダカを大切に育てるという、
「目的」があるから学ぶんです。

その目的があるから学ぶんです。

僕がね、メダカを飼っていなかったら、
メダカの知識を学ぶ事なんてしません。

僕はメダカを飼っていないのに、
他人から「メダカについて学べ!」といわれても、
学ぶ気にはなれません。

学校も同じなんです。

学校で勉強を習うことに、
どんな目的があるのか?
僕は知りませんでした。

目的も知らずに、
教師から「勉強しろ!」と言われ、
親から「勉強しろ!」と言われるんです。

いえいえ、
勉強しろというならば、
「何のために勉強するのか?」
「何の目的のためなのか?」
それを先に教えなさいよって。

勉強をする目的を知れば、
子供は自発的に勉強をすると思うんです。

「目的」に興味を持つからね。

子供は夢を持ちます。

「将来、宇宙飛行士になる!」

そういう夢という「目標」があるから、
百科事典を観たり、
テレビで宇宙船を観たりするんです。

自発的に知識を吸収して行くんです。

勉強や学びってね、
教えられるものではなくて、

「自発的に情報を知る行為」だと思うんです。

教えて貰うのではなくて、
自分から情報を盗み取る。

そんな感覚です。

そんな事で、
まず、「自分の目標」を持つ事が大切だと思います。

自分がどんな職業に就きたいのか?
どんな仕事をやりたいのか?
どんな生活がしたいか?

どんな相手と結婚して、
どんな家庭を築きたいのか?

どんな人生を歩みたいのか?

どんな人生で幕を下ろしたいのか?

目標を持つ事です。

その目標があるから、
前を向いて進めると思うんです。

今は「選べる時代」です。

自分に合った道を選択できます。

やりたい事が、
達成しやすい時代だと思います。

DSCN0837-25c2a.jpg