心の状態が「表情に」現れる?

嫌な思いをして、
心が滅入ってしまうと、
やはり、
表情が暗くなると思います。

逆に、
嬉しい事があると、
表情が明るくなると思うんです。

心の状態が、
表情に出ると思うんです。

いつも明るい表情の人は、
いつも心が満たされているのでしょうかね。

いつも不愛想な人は、
いつも何かしらの不満を抱えているのでしょうかね。

僕は、
不愛想な人や、
機嫌が悪そうな人には、
あまり関わろうとはしません。

だってね、
「八つ当たり」されたら嫌ですからね。

また、
そういったネガティブな人と関わると、
そういうネガティブな感情が、
「伝染」してしまう危険があるからです。

接する人を選ばないと、
相手の性格などが伝染してしまうのです。

僕は、
知性のある方と接して行きたい。

建設的な人と関わりたいです。

僕が関わり合いたくない人の一例です。

・「そんな事、無理でしょ!」と言う人。
・「〇〇しないとダメでしょ!」と言う人。
・「忙しくて時間が無い」と言い訳をする人。
・「めんどくさい」と言う人。
・「言われなくても解ってる!」と言う人。
・「人の話を最後まで聞かない」人。


こういう言葉を使う人とは、
僕は距離を置くようにしています。

そういう性格が伝染すると嫌なのでね。

僕は、このように言います。

「そんな事、無理でしょ!」を、
「やったら出来るかも知れないよね♪」と言う。

「〇〇しないとダメでしょ!」を、
「こんな方法もあるよ♪」と言う。

「忙しくて時間が無い」を、
「早寝早起きをして時間を作るよ♪」と言う。

「めんどくさい」を、
「先に済ませておくと後が楽だよね♪」と言う。

「言われなくても解ってる!」を、
「再確認が出来て良かった♪」と言う。

「人の話を最後まで聞かない」を、
「早とちりしないように気を付けよう♪」と思う。

ネガティブな発言を、
ポジティブな発言に変換します。

やっぱりね、
ネガティブな言葉を習慣で使っていると、
ずっと、
ネガティブなままなんです。

その、
ネガティブな言葉を使う習慣を止めて、
ポジティブな言葉を使う習慣を身に付けると、

自分の人生が180℃変わるはずです。


bandicam 2020-01-08 19-27-58-258.jpg