病院へ行くと心が重くなる。 その原因は?

家にいるとね、
心が軽いんです。

しかし、

病院へ行くと、
心が重くなるんです。

よくよく考えたらね、
それは当たり前なんですよね。

だってね、
病院は「ネガティブ」な場所だと思うんです。

病気の患者さんが集まる場所です。

僕のように、
筋トレをやって、
元気な患者もいますけれど、

大体の患者さんは、
元気ではありません。

元気のない人達がいる場所にいると、
やはり影響を受けます。

自分までも、
元気がなくなってしまいます。

かといって、
病院で元気に振る舞っていると、
何だか浮いてしまいます。

多分、僕は、
病院では浮いているでしょうね。

僕の場合ですが、
慢性腎不全という病気になって、
腎臓が弱っています。

しかしながら、
オシッコが出てくれます。

オシッコが出るように、
自己管理をしたからです。

それと、
筋トレをやっているお陰で、
筋力があります。

また、
新陳代謝が良くなって、
お通じが良いです。

食欲も旺盛です。

人工透析を受けていますが、
オシッコが出ますし、
体重管理をやらなくても平気なんです。

というのも、
飲食した物が、
しっかり吸収されて、
翌日には排泄されるから、
体重の増加がないんです。

今はね、
お腹いっぱいまで食べても、
次の日には、
排泄されて基礎体重に落ち着きます。

ただ、
腎臓が弱っていて、
血液中の毒素を除去出来ないので、
人工透析で毒素を取り除いている訳です。

腎臓がね、
元通りに戻ってくれたら?
病院に行かなくて済むんですがね。

そんな事で、
僕は至って元気な透析患者です。

中には、
人工透析が終わると、
フラフラになる患者さんもいます。

ちゃんと自己管理をすれば、
フラフラにならなくても済むのですがね。

自己管理が出来ない、
その人の理由があるのでしょうね。

だから、
透析患者はだらしない人間だと、
言われてしまうのかも知れませんね。

そのように、
言われたくない患者さんは、
しっかり自己管理をされて、
元気に通院されています。

そういう人を見ると、
僕も勇気を頂けて、
心が元気になるんです。

そんなことでね、
病院へ行くから、
心が重たくなっていたんだろうね。

心が重たい人達が集まる場所だから。

そんな場所で働く人達も、
心が重くなって当然でしょうね。

でも、
そういう場所にも、
心が元気なスタッフさんがいます。

そういう場所だからこそ、
心が元気なスタッフさんが、
輝いて見えるのです。

僕達患者は、
機械で治療を受けていますが、

そういった、
心の元気なスタッフさん達に、
心を癒されているのだと思います。

通院日は、
いつも、
笑顔で家に帰りたいです。


IMG_2204.JPG