言いたいことが、言えないのは何故でしょうか?

僕は、言いたい事が言えずに、
心に不満を抱えて苦しくなって、
爆発して人間関係で損をすることが多いです。

そして、
「HSP:ハイリー・センシティブ・パーソン」という、
敏感すぎる「気質」を持っています。

そのHSPという気質もあって、
人間関係で苦しむことが多いです。

僕は何故?
言いたい事が言えないのでしょうか?

相手が怖いから、
相手に何も言えない訳ではありません。

僕が、こういう事を言うと、
「相手が傷付くだろうな・・・」
と思ってしまうから、
何も言えずに黙ってしまうんです。

また、
相手に対しての、
「義理人情」のようなものがあって、
何も言えない時があるんです。

17歳の頃、
僕は建設現場で働く土木作業員でした。
同棲していた彼女が、
毎朝、早くに起きて弁当を作ってくれます。

夏場ですと、
弁当が痛みやすくて腐る事も多かったです。

しかし、
彼女が僕の為に作ってくれた。
朝早くに起きて。

彼女が一生懸命に、
作ってくれた弁当を、
残す・捨てる訳にはいかなかったんです。

弁当が腐っていても、
僕は食べたんです。

そういう、
義理人情的な思いもあったのです。

また、
彼女の身になって考える事もありました。

もし、僕が弁当を残したとしたら、
「せっかく作ってあげたのに!」と、
彼女が怒っちゃうかな?と思ったんです。

そうなんです、
彼女に怒られたくないし、
彼女に嫌われたくないから、
腐っていても弁当を食べたんです。

・義理人情
・相手に嫌われたくない


こういった理由で、
僕は、相手に言いたい事を言えない。
自分の主張が出来ないでいました。

それは、それで、
何ら問題はありませんでした。

というのは、
僕と相手が、
「信頼関係」があったからです。

しかし、
僕と相手に、
「信頼関係」がない場合で、

相手が僕に対して「敵対心」を持って、
接してくる場合があります。

そういう相手に、
僕は言いたい事が言えない事がありました。

それは、
相手に言いたい事を言うと、
「問題が大きく発展しそう?」という、
デメリットを考えるからです。

相手には、
言いたい事を言わせておこう。

その代わり、
言いたい事を言って、
「恥をかくのはお前だぞ!」
という気持ちでいたんです。

でもね、
「言いたい事を言わせておく」とね、
相手が調子に乗ってね、
エスカレートするんです。

相手が調子に乗って、
言いたい放題言ってくると、
やはり僕の我慢の限界が来るんです。

それで怒りが爆発するんですよね。

だからね、
僕に対して敵対心を持って接してくるような人には、
「気を使う必要はない」
そのように思っています。

僕に対して、
敵対心を持って、
言いがかりをつけてくる人がいます。

そういった時は、
僕は「反論する」ようにしています。

売られたケンカを買うのではなくて、
自分の「主張」をするようにしました。

相手が自分の主張を押し付けて来るように、
僕も主張します。


敵対心をむき出しにして来る人には、
僕の主張で跳ね返す感じです。

そうやって、
僕に敵対心を持って接してくる人に、
「気を使わなく」なったら、
僕の心が穏やかになって来ました。

僕はね、
良い人にも、悪い人にも、
同じように「気を使って」いたようです。


僕に対して、
親切に接してくれる人がいます。
それは、
その「相手の問題」です。

僕に対して、
敵対心を持って接してくる人がいます。
それは、
その「相手の問題」です。

相手が僕の事を、
敵対心を持ってしまうのは?
僕にも原因があるでしょう。

僕は、
相手に敵対心を持たれないように、
僕自身を改善しないといけないのでしょうか?

相手の性格に、
自分の性格を合わせないといけないのでしょうか?

僕の性格が悪くて、
他人から嫌われたくないなら、
努力して性格を変えれば良いと思う。

しかし、
相手の性格が悪くて、
一方的に相手から、
嫉妬され憎まれ、
敵対心を持たれてしまった場合は、

それは、
相手の問題なのですよね。


だから、
そういう人には、
気を使う必要はないかなって。

世間には、
そういう人もいるって事です。

人を人と思わず、
人を虫けら扱いする人もいるってこと。


僕には、
そういう非人道的な人へ、
愛情を注ぐことは出来ませんが、

神様は、
そういう人にも、
愛情を注がれている。

とてもじゃないけど、
僕にはマネが出来ません。

神様を賛美します。


777777-633ae.jpg