筋トレを始めるには?

筋トレには、
大きく分けると2種類の方法があります。

・ウェイトトレーニング
・自重トレーニング


ウェイトトレーニングは、
ダンベルやトレーニング機器を使って、
筋肉に負荷をかけるトレーニングです。

自重トレーニングは、
自分の体の重さを使って、
筋肉に負荷をかけるトレーニングです。

ウェイトトレーニングですと、
ジムに通ったり、
自宅にトレーニング機器を用意する事になります。

自重トレーニングですと、
自分の体がトレーニング機器です。
いつでも、どこででも、無料で、
簡単にトレーニングが出来ます。

また、公園に行くと、
トレーニング器具があります。

こんな感じでトレーニングが出来ます。

bandicam 2020-01-17 16-28-33-847.jpg


2dte.jpg


これから、
筋トレを始めようとする人がいるならば、

僕のお勧めですが、
軽く「自重トレーニング」をやってから、
「ウェイトトレーニング」に切り替えると良いかなって。

両方を継続しても良いでしょうし。

その、自重トレーニングをやり始めた時に、
まず「懸垂」を覚えると良いかなって。

懸垂をマスターすると、
「カッコイイ肩」が出来ます。

bandicam 2020-02-02 17-46-05-092.jpg


bandicam 2020-05-06 15-53-31-583.jpg


例えでいうならば、
家を建てる時の「骨格」部分です。

肩が出来上がってから、
各所の筋肉を大きくさせると、
かなりカッコイイ体になると思うんです。

筋トレをやっている人の体を見ると、
肩幅が無くて、
筋肉だけがモリモリな人がいます。

否定はしませんが、
ある程度、
「肩幅」がある方が、
カッコ良く見えると思うんです。

家で懸垂をやるために、
懸垂台を購入しました。

送料込みで「約8000円」でした。

1dehu.jpg


そんな理由で、
まず、肩幅を広げるために、
懸垂をやった方が良いと思います。

自分の体のバランスをみながら、
肩幅を大きくすると良いでしょう。

水泳の選手たちを見ても、
肩幅が大きいでしょ?

カッコ良く見えるでしょ?

ああ、懸垂が無理なら、
水泳をやって、
肩幅を大きくしても良いですよね。

水泳も、
トレーニングになりますからね。


余談ですが、
僕は若い頃から水泳が苦手でした。

今は体が不自由なので、
「犬かき」くらしか出来ないでしょう。

ってかね、
水に浮かばないんです。

沈むんです。( ´艸`)