【人間関係】 嫌われる人から、好かれる人へ。

人が生きて行くには、
いろんな問題を抱えてしまいます。

その問題のほとんどが、
人間関係の問題だと言われています。

人間関係で問題が起きてしまうのは、
次の3つの理由が多いかも知れません。

・高すぎる理想を要求
・出来なかった事への指摘
・人格の否定


人が嫌われる時の行動パターンです。

家族や、会社の部下へ、
高すぎる理想を求めて、
出来なかった人に、

「何で、こんな事も出来ないの?」と指摘し、
「だからあなたは、何時まで経ってもダメなのよ!」


最後には相手の「人格を否定」するんです。

それは、
自分の理想・考え・主観を、
相手に押し付けているからでしょうね。

しかしながら、
人には人の主観や能力があります。

自分と同じではない。

十人十色です。

自分が相手を責めている側ですと、
相手の気持ちなんて解らないでしょうけど、

自分が責められる立場になると、
「言葉の使い方」や、
「言い方」をダイレクトに感じると思う。

客観的に自分を見ると良いです。

自分がね、
上司から仕事を頼まれた。
しかし仕事が出来なかった。

「出来なかった事に対して怒られる。」


そして、

「出来なかった理由を追究される。」

最後には、

「自分の人格まで否定される。」

このように、
自分が他人から、
こういった仕打ちを受けるとどうですか?

相手が嫌いになるでしょ?


他人から嫌われる人というのは、

嫌われるような言葉の使い方、
嫌われるような言い方をするからです。


それは、
自分の「理想」が高いからなんです。

自分が、
相手へ要求する理想が高すぎるんです。

その理想を、
そのハードルを下げてあげると、

相手がハードルを、
乗り越えやすくなるんです。

ハードルを高くしていたから、
乗り越えれなかっただけなんです。

誰でも、
いきなり、
10段の跳び箱なんて飛べないんです。

1段飛べたら、
2段にするんです。

いきなり10段にするから、
相手が飛べないんです。


そして、
飛べない理由を問い詰めるんです。

挙句の果てに、
いきなり大きなハードルを背負わされ、
飛べない事で人格を否定されるのです。

相手は、たまったものじゃないですよね。

そういう事を、
やっているんです。

もし、自分が、
そのような事をされたらどうですか?


自分の理想を、
相手に押し付けない事です。

相手が出来なかった場合は、
それを責めるのではなくて、

「ハードルを下げれば」良いのです。

そして、
出来なかった事を追究するのではなくて、

「今後、どうやったら出来るだろうか?」

一緒に、考える方が建設的ですよね。

そうすると、
相手から信頼してもらえるはずです。



IMG_2344.JPG