(。・ω・)ノ゙ おはよー♡ 5月16日(土)

おはようございます♪
今朝の体温と血圧です。

IMG_0720.JPG


IMG_0721.JPG


昨日は、親友と仕事について語り合いました。
電話で、6時間も会話をしていました。

親友もまた、
仕事や人間関係で悩んでいました。

親友の「適性」に合わない職種だった事、
親友には「合わないタイプの人」が多かった事、
仕事へ「全力投球」が出来ないもどかしさなど、

かなり精神的にダメージを受けていたようです。

親友の適性診断でいうと、
「営業職」が合っているようです。
しかし、
実際の仕事はデスクワークでした。

人間関係では、
「十人十色」という部分で、
つまづいていたかも知れません。

「十人十色」という言葉の意味を、
意識していれば、
苦しい思いをしなくて良かったかも。

僕も親友も、同じO型で、
なんだろう、
「協調性」を重んじてしまうところがある。

親友も僕も、
協調性を重んじてしまうが故に、

他人・相手の境界線を越えてしまう場合もある。

立ち入り禁止の柵を乗り越えてしまうんです。

O型ってね、
計算高くて腹黒かったりするのですが、
正直でウソをつかない部分もあって、
「腹を割って話しをする」をする事もあります。

情に厚い部分もあるんです。

情に熱くて、
他人との境界線を越えてしまう事があるんです。

相手にとっては迷惑極まりないんです。

また、そういう性格だから、
「人に利用されやすい」のです。

情に厚く、気前がいいので、
人を利用するような人が集まって来ます。

そして、
利用するだけ利用し、
利用価値がなくなると、
使い捨てカイロのように捨てられるのです。

僕は学生時代から、
いつも僕にまとわりついていた知人がいました。

その当時、
友達というよりも、
利用されているとしか思えませんでしたね。

友達とは思えなかったね。

相手は、
友達面して近寄ってきていましたが。

というのも、
知人が僕と一緒にいる時は、
何か自分にメリットがある時だけなんです。

僕がピンチな時には、
その知人は安全地帯に逃げるんです。

そして、知人は、
自分がピンチな時には、
僕を盾にし、用心棒にする訳です。

そういった、
人を利用して、
自分の事しか考えないタイプの人は、
どこにでもいるのではなくて、

必ずいるんです。

そういうタイプの人は、
ある血液型の人に多いです。

統計的に見るとね。

自分と相性が悪い人って、
必ずいますよね?

その、自分と相性が合わない人達全ての、
血液型を調べて統計を取れば、
「偏り」が見られるはずです。

僕の場合ですと、
ある血液型の男性とは、
全く合いません。

過去に、ケンカをした相手は、
その血液型の男性が殆どでした。

合わないのでしょうね。

水と油のような関係なのでしょうね。

僕の親友は、
そういった経験を積めた。

自分とは、
どうやっても合わない人がいる事を、
理解出来たようです。

それでね、
親友も、僕も、

「自分の主観を押し通す」

そういうタイプの性格なので、
会社に雇用されると問題が発生します。

という事で、
会社に雇用されずに、
自分の技術をフル活用できる仕事をする。

そういった内容の話を、
6時間も電話で会話をしていた訳です。

僕は、
「ブログを収益化」しているので、
自由に仕事が出来ている。

自分の好きなように、
ブログで人生感を表現している。

それで、
多少のお金を頂いている。

また、
色んな経験をして来て、
社会の裏側も見て来た。

そういう経験を活かして、
人生の「コツ」のようなものを、
世の中に「還元」出来たら嬉しいと思っています。

僕は、社会に支えられた。

だから、
社会に還元したいのです。

僕はこうして、
ブログを書いたり、
人の悩みを聞いて、
アドバイスをする事が、
「天職」だと思っています。

そのために、
僕はいろんな経験をして来たのだと思うし。

経験者が語るのと、

未経験者が口先だけで、
知識をひけらかすのと、

どちらが説得力があるでしょうか?

僕はね、
この世で、
多くの苦しみを経験して来た人は、

それが仕事なのだと思うんです。

苦しみなどを経験し、
その苦しみは、

同じ苦しみを受けている人達への、
「アドバイザー」になるための、
訓練だと思うんです。

苦しみに耐える力があるから、
適任されたと思うのです。

僕は、多くの不幸を味わってきた。

貧乏な暮らし、
裕福な暮らしも経験した。

両親の離婚、
僕自身の離婚、

五体満足な生活もして来た。
五体不満足な生活もしている。

腎臓が弱って、
週に3回、
死ぬまで通院しないといけない。

踏んだり蹴ったりな人生です。

だけど、
僕は今、
心はへこんでいません。

少し前まで心がボロボロでしたが。

今は、心が頑丈になりつつあります。

親友もね、
僕とまったく、
同じような家庭環境でしたし、
同じような苦労をして来ました。

親友もね、
僕と同じ仕事をすることになったんです。

会社を辞めて、
1度、
心も体もリセットするんです。

まず、
心と体をやすめるんです。

そして、
心と体に元気が戻ってきたら、
僕と同じ仕事をやります。

僕は、親友の仕事の準備を整えてあります。
いつでも、
その日から仕事が出来るように準備してあります。

仕事のノウハウは、
僕が教えてあげます。

飲み込みが早い人ですから、
覚えるのが早いでしょう。

実はね、
2年前から、
親友には、
「一緒に仕事をしよう!」
と言っていたのですがね。

まあ、遠回りしたけど、
その遠回りした事で、
「知識」と「経験」を得たと思います。

それはそれで、
大切な財産だと思います。

これからの仕事に、
大いに役立つでしょうから。

それに、
僕という存在がいて、
僕の仕事を見て来て、

実際に、
収入を得たいるのを知っているので、
希望を持って、
僕と同じ仕事に挑戦出来ると思うんです。

やれるか?
やれないか?

解らない未知の仕事ではなくて、
事実、
親友の僕がやっている事なので、
安心して仕事が出来ると思います。