(。・ω・)ノ゙ おはよー♡ 5月15日(金)

おはようございます♪
今朝の体温と血圧です。

IMG_0712.JPG


IMG_0716.JPG


今朝は、丑三つ時に目が覚めて、
再び寝る事が出来ず、
メダカ達の水槽設備を作っていました。

今日は出掛ける用事はありません。

家で、
パソコンを使った仕事をし、
親友の仕事のお手伝いをやったり。

僕は体が不自由です。
僕の親友や知人には、
体が不自由な方が多いです。

24歳の時に、
働いていた会社の業種が、

障害者の方々が自動車を運転するための、
特殊な装置を、
取り付け販売する仕事でした。

5年ほど働いていて、
多くの方々と出会いました。

僕が働いていた会社は奈良県にあって、
関西支店でした。

出典:ニッシン自動車工業関西
http://www.nissin-kansai.com/

本社は埼玉県にあり、
全国に支店がありました。

関西支店ということで、
近畿二府四県の方々がお客さんでした。

僕の仕事は、
・特殊装置の取り付けと、
・特殊装置の営業(セールス)でした。

各ディーラーへ、
出張で取り付けに行き、

取り付け作業が無い時は、
病院やリハビリセンターなどへ営業に行くんです。

今から、26年前の話しですね。
懐かしいです。

その頃の写真です。

eee.jpg


その頃、
実家にいた愛猫です。

ポチ 23歳.jpg


僕は、車椅子に乗って、
特殊装置を取り付けしていたんです。

若い頃、
オートバイを自分で整備していましたので、
下半身が動かなくても、
上半身だけで取り付けが出来ました。

埼玉県の本社で、
4か月の研修も受けてきましたし。

自動車の運転装置がこちらです。
画像は、ネットでお借りした物です。

こちらは、
「手動装置」といって、
手で自動車を運転する装置です。

この装置を取り付けるのに、
大体ですが2~3時間でしょうか。

高級車になると、
かなり時間が掛かります。

i-img1200x899-15265708326q2muj567988.jpg


こちらは、
右足が不自由な方が、
左足でアクセル操作をする装置です。

こちらは、
ボルト2箇所で固定するだけですので、
作業時間は短いです。

jdrf.jpg


取り付けをすると、
こんな感じになるんです。

htrfd.jpg


ph_01.jpg


ph_02.jpg


この仕事をしている時は、
嫌な事もありました。

この装置を取り付けに行くと、
ディーラーの方が言うんです。

「どなたが取り付けをされるんですか?」と。

それで、
僕が答えるんです。

「はい、私が取り付けさせて頂きます」と。

そうすると、
ディーラーの方が驚きます。

まさか、
車椅子に乗った人が、
特殊な装置を取り付けるだなんて、
思いもしなかったのでしょうね。

それで、
ディーラーの方が言うのです。

「ちょっと待っててください。」と。

どうやらね、
ディーラーの方が、
僕の会社へ電話して、
「どういうことなのか?」
電話で問い合わせをしたようです。

会社へ電話して、
社長から説明を受けて、
しぶしぶディーラーの方が納得したようです。

まあ、そうでしょうね。
車椅子に乗った人が、
こんな装置を取り付けれるなんて思わないでしょうから。

それでね、
僕の技術でね、
信用を築いて行ったんです。

失敗なんて許されないんです。

だから、
必死でしたよ。

もし、僕が仕事で失敗したら?

「ほら、言わんこっちゃない!」
「障害者には無理なんだよ!」

と、信用を失っていたかも知れませんからね。

僕は、埼玉県の本社で、
この装置の製造から学びました。

鉄の板を切断し、
溶接をして、ドリルで穴を開けて、
配線を組んで、
製品を作る。

そして、
自動車へ取り付ける。

それが出来るようになって、
ディーラーへ出張し、
ディーラーのガレージで取り付けをし会社へ戻る。

4カ月間、
みっちりと研修を受けました。

奈良県から、埼玉県まで、
1人で自動を運転して行きました。

埼玉県で研修を受けていた4か月間、
毎週日曜日は、
東京の板橋区にある教会堂へ礼拝に行きました。

土曜日が休みの時は、
東京・千葉・横浜へドライブに行きました。

首都高を走り回って楽しんだりも。

また、仕事の一環として、
「車イステニス」をやっていました。

車イステニスは、
僕は下手でした。( ´艸`)

まあ、仕事の一環として、
やっていたので本気ではなかったし。

本気を出していても、
下手だったと思う。( ´艸`)

僕は、車椅子スポーツよりも、
自動車を改造したり、
走りに行く方が好きだったので。

とにかく、
たくさんの方々と出会ってきました。

それよりも、
元気でした。

タフでした。

今、僕は筋トレをやっていますが、
筋トレなんて、そんな大した事はない。

仕事をしていた時の方が、
体力を使ったかなって思います。

また、精神面もタフでしたね。
その頃は。(o^―^o)ニコ

今はダメだけど。

今、僕の仕事は、
こうやってブログを書いたりする事です。

色んな意味で、
仕事になっています。

・神様から使命を受けた仕事とも言えるし、
・生活費を稼ぐための仕事とも言えるし。

若い頃は、
体を使って仕事が出来ましたが、

今後、老後?
収入を得るためには、
自宅ででも出来る仕事が助かります。

インターネットを使えば、
色んな仕事が出来るようですし。

また、仕事に、
自分の人生を合わせるのではなくて、

自分の人生に、
仕事を合わせる方が良いと思います。

自分がどのように生きて行くのか、
それに合わせた仕事、
それに合わせた環境を整える方が、
ストレスが無く暮らせると思うんです。

仕事の為に、
生きているのではありませんからね。

僕は近い将来、
1人暮らしをする予定です。

基本は、
年金暮らしです。

年金で暮らし、
趣味を楽しもうと思う。

メダカの卵を販売し、
少しお小遣いが頂けたら嬉しいです。

趣味を楽しんでいる事を、
ブログにUPして行く事で、
ブログの収益もUPするでしょう。

好きな事をして、
ストレスを抱えず、
老衰出来たら嬉しいです。

今の生活も、
日に日にストレスが無くなってきています。

それは、
自分でストレスを無くして行こうと、
ストレスを解決しているからです。

そもそも、
ストレスってね、

「自分が弱い」んだと思うんです。

僕が強い時って、
ストレスがなかったんです。

17歳の頃、
僕はストレスがなかったです。

五体満足で健康でしたし、
世間体も気にしませんでしたし、
社会の裏表も見て来て、

失う物も、
守る物も無かったと思うんです。

仕事も止めて、
フリーターになって、
朝から夕方まで、
好きなだけオートバイに触れていました。

好きな事だけをやっていました。

やっぱ、
17歳の時の僕は自由だったなって。

でもね、
幸せだったか?
というと、そうではなかったんです。

「空しかった」です。

好きな事だけやって、
自由に生きていたけど、

「人生の意味」が解っていなかったんです。

「俺、何で生きてんだろ?」って。

生きている証が欲しくて、
オートバイで公道レースをやっていたのかも。

いえ、危険な場所で、
公道レースをしていて、
死を望んでいたのかも知れません。

何かに熱中して、
そのまま消え去りたい。

そんな願望があったのかな。

生きている目的、意味が解らなくて、
空しさに押しつぶされて、
死の恐怖から逃れたくて、

だから、
危険な公道レースをやって、
あわよくば、
そのまま死ねたらいいなって。

そんな風に思っていたんです。

でも今は、
生きている目的や、
死んだ後の事、
聖書から学んでいる。

聖書の言葉があるから、
僕は今、
こうして希望を持って生きれているのかな。

人は、死んで終わりじゃない。

だから、
僕は耐えていられるのかな。

さて、
コーヒーでも飲もうかな。

サボテンに、
水を与え過ぎたな。

サボテンが太ってきた。( ´艸`)