僕の「愛称」は? 

今も、昔も、
「こうちゃん」と呼ばれる事が多いです。

また、
「こうさん」と呼ばれる事もあります。

僕の呼び方は、
呼びやすい呼び方でOKです。(o^―^o)ニコ

それと、
僕は3年前まではテレビっ子でした。

ドラマが大好きでね♪

特に、
読売テレビの、
土曜日の夜9時から始まるドラマが好きでした。

印象的なのが、

「女王の教室」
「泣くなはらちゃん」
「マイボスマイヒーロー」


平日の朝からのドラマは、
はぐれ刑事純情派を観て、

昼は、2時間ドラマも見たり、
相棒、科捜研の女、京都地検の女、

夜中は、
深夜食堂、特命係長只野仁、

土曜日の夕方は、
名探偵コナン、

日曜日などは、
ミナミの帝王など。

テレビ漬けでした。(o^―^o)ニコ

それがね、
テレビを観なくなった理由が、
「耳障りな音」を聴くと、
心が重たくなってしまってね。

多分、慢性腎不全になって、
さらに敏感な体質になったのかも知れません。

元々、
敏感な体質だったんです。
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)
という症状があってね。

大きな音、
大きな声など苦手ですし、

人込みも苦手。

匂いもダメ。

他人の体臭・口臭もダメ。

セーターを直に着れません。
敏感肌ですから。


そして先端恐怖症。

センタンのアイスが食べれません。

”θヘ( ・_・)なんでやねん!( ・_・)_θ☆

苦手な音、
苦手な声、


テレビから流れて来ては、
イライラしていたんです。

それで、
イライラする音や声が、
聞こえない番組を見ていたんですが、
CMなどで不意打ちを喰らう時があってね。

申し訳ないのですが、
ジャパネット高田の社長さんの、
あの「かん高い声」が苦手です。

また、だみ声も苦手。
タンがからんだような声ね。
申し訳ないけど、
小林稔侍さんの声が苦手。
ファンの方、ごめんなさいね。

声が苦手なだけで、
その方々の人格を否定している訳ではありません。

あくまでも、
声がダメなんです。


そんな事で、
3年前に、
テレビを弟の部屋に移動させたんです。

今は、
観たい番組があると、
YouTube動画や、
Amazonプライムビデオで観ています。

だから、
テレビの話題は大歓迎なんです。(o^―^o)ニコ

今度、パソコンを買い替える時は、
テレビが観れるパソコンを買おうと思っていますし。

懐かしいドラマや、
テレビ番組の話題も大好きです。

共通の時代を生きて、
共通のテレビ番組を観ていたと思うと、
会話も弾むでしょう。

子供の頃の、
女の子たちの遊びも、
少しは心得ています。

姉と、妹がいましたから。

「おはじき」とかね。

アメだと渡され、
舐めさせられた記憶があります。

話しは変わりますが、

僕は最悪な事を考えます。

何か、新しい事に挑戦する時も、
取りあえず、最悪な場合を想定します。

たとえばね、
初めて入った建物だったとしたら、
まず、
「非常口」「非常階段」
を探しているです。

無意識にね。

それは、習慣になっています。

何かトラブルが発生した時、
避難するためです。

そんな風に、
何かをする時、
恋愛をする時もそうなんです。

最悪な状況を想定してから、
「最高な状況をイメージ」するんです。

そういう意識でいると、
失敗が怖くないんです。

だってね、
最悪な状況を想定しているからです。

最悪な状況を想定していて、
その対策を済ませておくんです。

もし、失敗しても、
対策をしてあるので、
失敗を恐れなくて済みます。

そして、
「成功した時」の事も想定してあるので、
成功した時、
どのように振る舞うのかも、
頭の中に入っているんです。

失敗した時も、
成功した時も、

両方を想定して、
備えをしてあるから、
安心して挑戦出来るんです。

僕はね、
世の中の人が、
「プラス思考で!」と、
プラスな思考だけを考える事に、
少し違和感があるんです。

もし、
プラス思考でチャレンジしていて、
失敗すると、
そのプラス思考と、
出来なかった自分とのギャップで、

自分の思い描いていた、
「理想」に手が届かなくて、
挫折すると思うんです。

その、挫折を感じて、
劣等感を感じて、
「なにクソ!」と努力出来る人ならいいけど、

挫折して終わってしまう人も多いです。

プラス思考だけでは、
そういう落とし穴的な事があるように、
思うんですよね。

だから、
僕は、
マイナス思考と、
プラス思考を、
両方を使っているんです。


失敗した時のリカバリーを用意して、
成功した時の「その後」の立ち振る舞い方も、
用意しておくのです。

そうすると、
気持ちは「無敵」です。(*^-゚)vィェィ♪



IMG_3741.JPG