(。・ω・)ノ゙ おはよー♡ 3月26日(木)

おはようございます!

今朝の奈良県は「夜明け前で真っ暗」です。
天気予報では「晴れ」だそうです。

IMG_7702.JPG


今日も健康習慣で、
「コップ1杯の白湯」を飲んで、
1日のスタートです!
(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

IMG_7701.JPG


昨日はいい天気で気持ち良かったです。

用事のついでに、
「ロードワーク」と称して、
地元の街を車椅子で回ってきました。

40分ほどのロードワークでした。

家の近所には公園がいくつかあって、
桜の木がある公園を回ってみました。

1つの公園には、
桜が満開していました。

IMG_7630.JPG


IMG_7643.JPG


IMG_7649.JPG


もう1つの公園には、
まだ桜が開花しておらずツボミのしておらず状態でした。

IMG_7668.JPG


IMG_7673.JPG


IMG_7671.JPG


僕が使っている車イスは、
「完全介護用」の車椅子なんです。

5年前に、大きな病気を発症しました。
とてもじゃないけど、
自力で車椅子に乗る事が出来ませんでした。

体力も筋力もなかったんです。

というか、
持病の中毒症状で心臓が停止しました。

そのような状態でしたが、
病気の治療が始まって、
車椅子に乗る訓練も初めて、
何とか車椅子に乗れるようになりました。

しばらくは、
誰かに介護をして貰わないといけないという事で、
「介護用の車椅子」を作って頂いたんです。

しかし、今では、
筋トレが出来るまでになりました。

こうなると、
今、使っている車椅子が重くてね。

若い頃に乗っていた車椅子は、
重量が10キロも無かったかな。

今、使っている車椅子は20キロです。
車椅子を漕ぐのも重くてね。

まあ、それがいい、
筋トレ・トレーニングになるんですが。

IMG_3830.JPG


こちらは、若い頃に乗っていた車椅子です。
まだ、両足がある頃です。

2gdrezts.jpg


この車椅子を作った頃は、
僕は地元の奈良県を出て、
兵庫県の施設で暮らしていました。

昔の名称でいうと、
「玉津リハビリセンター」でしょうか。

今の名称ですと、
「兵庫県立総合リハビリテーションセンター」です。

そこは、障害を持った方々のリハビリセンターです。
西日本の各地から患者さんが集まってきました。

僕と同じような胸椎損傷の方も多くて、
僕よりも重度な頸椎損傷の方々も多かったです。

リハビリセンターでは、
・車椅子に乗って段差を乗り越えたりする訓練や、
・車椅子で自立生活をする訓練をさせて頂きました。


地元の奈良県を離れて、
2年近く?そこで暮らしていました。

その頃、自動車の免許も取りました。

両手だけで自動車を運転するんです。
特殊な運転装置をつけると、
両手だけで自動車が運転出来るんです。

後に、
僕は障碍者の方々の、
自動車の改造をする仕事につきました。

そして、
僕は両足が不自由ですが、
改造装置を取り付ける仕事をやっていたんです。


こういう装置を取り付けるんです。

ph_01.jpg


ph_02.jpg


その頃、努めていた会社が、
「ニッシン自動車工業・関西」でした。

http://www.nissin-kansai.com/

僕は取り付け作業と、
営業をやっていたんです。

入社して、すぐに、
本社がある埼玉県へ研修に行きました。

4か月間、みっちりと研修を受けました。

改造装置の製造を学びました。
鉄の板を切って、ドリルで穴を開け、
溶接機を使って鉄の板を溶接します。

部品が作れるようになると、
今度は、部品を取り付ける練習です。

部品が摂り付けれるようになると、
今度は、自動車販売店まで出張し、
そこで取り付け作業を行います。

当時、埼玉県で研修を受けている時、
東京への出張が多かったんです。

埼玉から東京へ出るには、
朝早くに出ないと首都高が渋滞します。

朝早くに社宅を出て、
真っ暗なうちにディーラーへ行きます。

ディーラーはまだ閉まっていますので、
近くで寝るんです。

そして、
取り付け作業を終えると、
会社へ戻るんです。

僕は、オートバイなどを、
自分で整備をしていたので、
こういった作業はお手の物。

仕事自体は、
僕の趣味の延長だったので楽しかったです。

また、出張するのも、
自動車の運転が好きだったので、
それも楽しかったです。

まさに「天職」でした。

24歳の時に、
ニッシン自動車工業・関西に就職し、
29歳までお世話になりました。

5年間、
関西一円の自動車販売店に営業しました。
関西一円の病院へ営業して来ました。
多くのお客さんと触れ合って来ました。

また、その頃に、
「阪神淡路大震災」がありました。

物凄く大変でした。

震災後も、
仕事はあるんです。

いえ、
震災があって、
仕事が増えたかも知れません。

当時は、
夜11時に家を出て、
自動車販売店に付くのが夜中の2時・3時です。

そして、
現地で朝まで寝ます。

自動車販売店が開店すると、
仕事を済ませて帰社します。

帰社するのに、
8時間くらいかかったりするんです。

だから、
夜11時に家を出て、
日付が変わって、
夜11時ごろに家に帰る事も多かったです。

まあ、そんな事もありましたが、
それが苦痛だったか?
というと、
そうでもないんです。

だって、
好きな仕事でしたし、
車の運転も好きですし。

渋滞の中を走るくらいなら、
渋滞中に、
どこかで休んだり、
食事を楽しんだりだとかすれば良いんです。

そして、
渋滞がなくなった時に、
帰れば良いですから。

*ずっと渋滞中の道もありました。
 その時はさすがに苦痛でした。(;゚Д゚)

そして、今現在、
僕は自宅で雑用的な仕事をやっています。

車椅子に乗って、
どこかに仕事へ行くのは難しいです。

自動車の免許も失いましたし、
「床ずれ:褥瘡」が出来やすい体なんです。

床ずれが原因で、
両足を切断したほどなので。

両足を切断したことで、
更に、
床ずれが出来やすいようです。

そんな事で、
なるべく、
車椅子に座っている時間を少なくしています。

そんなことで、
自宅で出来る仕事はないか?

ということで、
雑用的な仕事をやっています。

何もやらないより、
やった方が良いかなって。

そんな事で、
趣味が仕事につながれ嬉しいです。

今、メダカを飼っています。

そのメダカを繁殖させて、
全国へ出荷出来たりだとか、
ちょっと夢を描いたりもしています。

しかしながら、
部屋の中で育てるよりも、
屋外で育てた方が、
メダカにとっては良いようです。

やっぱり、
太陽にあたる方がいいみたいです。

また、なるべく、
自然の環境に近い方が良いと思うんです。

まあ、今僕が、
興味ある事や、
趣味でやっている事が、
仕事になるようにと考えています。

そんなに、
「儲けたい!」
という気持ちはなくて、

メダカのエサ代を稼げたら良いなって。
メダカの水槽の設備を良くするための、
お金を稼ぎたいなって。

僕には、
食べる物と、寝るところさえあれば、
それで十分かなって。

趣味に使うお金を、
稼げたら良いなって思っているんです。

僕には、
「守るものが無い」から、
そんな呑気な事を言っていられるのでしょうね。


僕に家族がいたなら?
家族の為に、
必死に汗水流して働いて、
苦しい目にも耐えて・・・

そんな生活があったかも知れませんね。

でもね、
考え方によっては、

僕に家族がいたとして、

僕の趣味を仕事にして、
楽しく生活をしながら、
家族も一緒に楽しめる。

そういった生活も、
なきにしもあらずです。


そういう生活をしようと思って、
やっている方々も多いです。

失敗する方々もいるでしょうけど。

失敗を恐れて、
そういう生活をしない方々も多いでしょう。

今の生活を、
選択しているのは自分自身。

今の生活に、
不満があるなら、
苦痛を感じるなら、

選択肢を変えるという選択肢もあるのでは?

何も、
苦労するばかりが人生じゃないと思うんです。


そりゃ、
仕事を変えて、
生活が苦しくなって、
不安があるでしょうけれど、

都会を離れて、
田舎暮らしをする方々も多いです。

何もかも捨てて、
無人島で裸で生活されている方もいます。
*ネットで検査すれば見つかります。

苦痛な生活を、
ガマンしているとストレスが溜まります。

そして、そのストレスが、
病気を誘発します。

病気になってしまったなら?

また、過労で、
この世から去らないといけなくなる場合も。

何のための人生だったのでしょうかね。

基本、生きて行くためには、

・雨がしのげるスペースがあって、
・着る服があって、
・食べ物があれば十分だと思います。


ここは日本だから、
それだけでは生活が出来ないかも知れませんが、
他の国ならOKな場合もあるでしょう。

こんな事を書いていると、
メダカ達の水槽を見るたびに思います。

平和だなって。

あの水槽の中の生活が、
理想的な社会なのかなって。

そんなこんなで、
こんな呑気な記事が書けている僕は、
幸せなのでしょうね。

何の苦労もなくて。

体は不自由ですが心はバリアフリー。

心が不自由だから、
バリアフリーを必要とするのかな。

みたいな。

今日は通院日です。

しっかり、ケアして頂いて来ます。

そして、帰宅したら、
しっかり栄養を摂って、
カッコイイ体に仕上げて行きますね!

みなさんの1日が、
素敵な1日になると良いですね。


IMG_7652.JPG