心の「余裕」がある人、ない人?

心に余裕があると、
あまり腹を立てることが無い。

逆に、
心に余裕が無いと、
イライラしがちで、
すぐにカッとなって怒ってしまう。

普段、常に、
イライラしている人も多い。

短気で怒りっぽい人も多い。

そういう人達は、
なぜ?
心に余裕が持てないのでしょうか?

よくよく、
そういった人達を観察していると、

「コンプレックス」を持っていて、
「他人と比較」しがちな性格なんです。

自分にコンプレックスがあって、
自分に自信が無いから、
他人と比べるんです。

他人と比べて、
自分が劣ってしまうと、
自尊心に傷がつくから、
他人よりも優れようとするようです。

自尊心が高くなるのは、
自分に自信がないからかも?
知れませんね。

自分で、
自分のコンプレックスを理解していて、
それを認めたくない。

そして、
他人の意見を否定する。

他人の意見を否定することで、
他人よりも、
自分の方が賢い人間だと認めたい。

そのためには、
やはり、
他人を否定しなくてはならない。

コンプレックスは、
誰にでもあるもの。

それを、
恥だと思う人もいれば、

自分のコンプレックスな部分を、
好きだと言ってくれる他人もいる。

八重歯が、
自分のコンプレックスな人もいるけれど、

八重歯が可愛くて、
大好きな人もいます。

自分がコンプレックスだとしても、
相手には、
そのように思わない場合もある。

そうでない人もいるけど。

十人十色です。

好きな人もいれば、
嫌いな人もいる。

嫌いな人に、
無理に好きになってもらわなくても、

好きな人から、
たくさん、
愛されたらいいのではないでしょうか。

僕はポンコツなオジサンです。

こんな、ポンコツなオジサンを、
好きになってくれる人もいます。

だから、
僕は、
僕の事を大切にしてくれる人、
同じように大切にします。

世間の人達、全ての人達に、
好かれようともうのには無理がる、

やはり好き嫌い、
好みがあるからね。

自分だってそでしょ?

好みがあるでしょ?

好みじゃない人から、
結婚しよう!
と言われても、
あまり嬉しくないでしょ?

また、
人から大切にされたければ、
まず、
自分が他人を大切にすることです。

自分が、
他人に対して、
無神経な振る舞いをしておいて、

自分の事は、
「大切にしろ!」だなんて、
そんな虫のいい話はありませんからね。

まず、
自分から。

人に、
思いやりを持って接する。

そうすれば、
相手からも同じように、
思いやりが帰って来るはず。


IMG_7821-3c95e.jpg