トラブルを処理する能力を身に付ける♪

新しい仕事を始めたり、
新しい何かに取り組むと、
色んな問題が発生します。

問題が発生した時は、

問題を的確に処理する事はもちろん、

問題が発生した、
「原因を追究」
することも大切だと思います。

また、
問題が発生した時を想定した、
「緊急時のマニュアル」
のような物を用意しておくと助かる。

もし、職場で火災が発生した時、
自分は的確な行動が出来るでしょうか?

もし、仕事でトラブルが発生したとき、
トラブルを処理する知識だとか、
処理能力があるのだろうか?

仕事が出来る人というのは、
ただ単に、
仕事が上手なだけではなくて、

トラブルに強いのだと思うんです。

トラブルが発生した時、
あわてず、
的確に、
処理する力があるんです。

しかし、
生まれながらに、
そのような能力を、
持って生まれて来たわけではない。

数々の経験を通して、
身に付けて来た技術だと思うのです。

だから、
僕は思うんです。

失敗をした方が良いとお思うんです。

誰よりも、
多くの失敗をして、
多くの失敗の中から、

「トラブル処理能力」が磨かれると思うのです。

ただ単に、
仕事が上手な人には、
失敗やトラブルの、
処理能力が足りないかも知れません。

だって、失敗しないんですから。
失敗を知らないのですから。

失敗を知らないから、
失敗を処理する方法も、
知らないんです。

だから、
失敗をした人の方が、
仕事が出来るんです。

失敗をした人に、
アドバイスが出来るんです。

失敗をした人を、
フォロー出来るんです。

だから、
失敗を恥だと思わない事です。

失敗という学びを受けたのです。

もし、失敗したなら?

何故、失敗したのか?
原因を追究する事。

原因さえ解れば、
失敗しないように、
気をつけれるんです。

失敗した原因を、
知らないから、
同じ失敗を繰り返すんです。

また、
失敗を、
失敗で終わらせるから、
失敗で終わるんです。

もし、
失敗だと思ったら?

成功させて、
終わらせたら良いんです。

トラブルが発生したときの、
緊急時のマニュアルを、
持っていた方が強いです。

IMG_7464.JPG