心に「安心感」があると余裕が生まれます。

心に余裕がないと、
・焦ってしまったり、
・思いやりが無くなってしまったり、
・言い争いをしたり、
ネガティブになりがちです。

また、

心に余裕があると、
・備えが出来たり、
・気配りが出来たり、
・悩みを聞いてあげたり、
ポジティブになるようです。

とはいっても、
常日頃から心に余裕を持つのは難しいです。
腹が立つ事もありますからね。

というよりも、
人生には「喜怒哀楽」があります。
喜怒哀楽という感情で、
社会で、
「コミュニケーションを保っている」
のだと思うんです。

喜怒哀楽の感情がなかったなら?
社会生活が困難になるでしょう。

他人から嫌な事を言われて、
悔しい思いをしたり、
悲しくなったり、
そういった感情がなかったとしたらどうでしょう?

また、
嬉しことはをかけてもらったのに、
嬉しく感じなかったらどうでしょう?

人生には、
「喜怒哀楽」が必須なのでしょうね。

その感情があるから、
意思疎通が出来ると思うんです。

僕は、言いたいことを、
「言えないタイプ」の人間です。

それでストレスが溜まって、
溜りすぎて爆発する。

また、逆に、
言いたいことを言い過ぎて、
他人から嫌われる人も多いです。

その辺りの人間性は、
「遺伝」だとか、
そういった要素が絡んでいると思います。

生まれ持った性質があるようです。

どんなに立派に見える人でも、
「罪を犯す」のです。

それは、
「罪を犯す性質」を持って生まれて来るからです。

誰もね、
「悪い事をして良いよ!」
と教えられて大きくなった人はいないはず。

親や社会から、
「悪い事をしたらダメだよ!」
と言われて育つものです。

それなのに、
悪い事をしてしまうんです、人間は。

それは、
「罪の性質」を持っているからです。

じゃあ、なぜ?
そんな罪の性質を持って生まれて来るんだ???

と質問されると思います。

僕が聖書で学んだことですが、

この世は神さまが創造された世界です。
宇宙も、地球も、人間も。

地球は、
人間が豊かに暮らせるために、
人間の為に作られた星です。

ダーウィンの進化論では、
端折って言うと、

宇宙が偶然に爆発して、
塵と塵がくっついて地球になって、
偶然、地球に生命が誕生した。
偶然、誕生した生命が、
突然変異を繰り返して人間になった。

そのように論じられていますが、
もしそれが本当ならば?

我々人間は、

偶然に誕生した地球で暮らしていて、
偶然に誕生した生命で、
突然変異を繰り返して進化した生き物。

我々人間は、
「偶然の産物」なわけです。

僕達人間の人生に、
どんな意味があるのでしょうか?

偶然、この世に誕生した生き物に、
何の目的があるのでしょうか?

時計は、
「人に時を知らせるもの」です。

人とは、
一体、なんなのでしょうか?

まず、そこだと思うんです。


「人とは何なのか?」

それが解っていないのに、
人生なんて語れないと思うのです。

例え、今、
「幸せだな」と感じていても、
それが何になるのでしょうか?

だって、偶然、人は誕生したのでしょ?

偶然、誕生した生命が、
やがてこの世から姿をけして、
何処へ行くのかも解らない。

そんな世界で生きていて、
どんな風に幸せを感じれるのだろうか?

それを思うと、
僕は、
聖書に書かれている事が、
人がこの世に居る理由が、
全て「つじつまが合う」ように思うのです。

ちゃんと、
人には、
「目的がある」のだと。

神様がこの世を創造されて、
人間の為に地球を創られた。

人間の為に、
植物や動物を与えられた。

全て、
人間のために地球をつくられたんです。

人が、なぜ?
この世で生きているのか?
死んでどうなるのか?
何故?
人は死ぬ生き物になったのか?

まず、その問題の答えを知ることが、
人生の始まりだと思うんです。

人としても目的を知ったなら、
人として相応しい、
「人生が歩める」と思うんです。

僕は何も、
宗教をしろ!と言っている訳ではありません。

自分がこの世に来た目的を知って欲しいんです。

そして、
この世から姿を消して、
何処へ行きのか?

知って欲しいんです。

僕の人生論、
僕の主観ですが、

人生とは何か?

と質問されたら、
こう、答えます。

「創造主を知る事です。」

僕は、そう言います。

そこから、
本当の人生が始まると思います。

人生の目的、
答えを知っているのと、
知らないのとでは、
心の余裕に大きな影響があるでしょう。

僕は、
いつ死んでも不安はない。

だって、
みんな死ぬんですから。

この世で、
僕だけが死ぬなら、
そんなの不安で仕方がありませんよね。

みんなが死にます。

そして、
僕は、死んだら、
「新しい世界が用意されている」
という事に希望を抱いています。

そこには、
「罪」の無い世界だそうです。
罪がなくて死もない世界だそうです。

言い方は悪いですが、
この世はアダムとイブのお陰で、
失敗した世界なんです。
終わった世界なんです。

それで、
神様が新しい世界を用意して下さっている。

人は、
その新しい世界を目指すのが、
本来の形かも知れません。

約5000年ほど昔に?
アダムとイブが神様との約束を破った。

その歴史が、
まだ続いているってことです。

神様は、
この世界を創造する力がある方です。
時間だって、
神様が作られたものです。

人間には、
5000年というと、
果てしない期間ですが、
神様にとっては、
5000年も1日にも満たないかも。

僕達人間は、

偶然、
この世に生まれて来た生き物でしょうか?

必然、
この世に生まれ来た生き物なのでしょうか?


僕は、
神様の存在を信じ、
心に余裕が生まれました。


IMG_9638.jpg