「時間が無いんです」という言い訳。

ジムに行って運動をしていたけど、
いつの間にか?
ジムから足が遠のいている。

そして言います。

「時間が無いんです」と。

ジムに行き始めた頃は、
時間があったのでしょうか?

ジムに行き始めて、
しばらくすると時間がなくなったのでしょうか?

例えば、
ジムに行くのに往復で30分。
トレーニングをするのに1時間。

ジムに行くためには、
最低1時間30分という時間を作らないといけません。

家庭の事情があって、
その1時間30分が、
捻出出来なくなる場合もあるでしょう。

そもそもですが、
「何故ジムに通い始めたのか?」
という事です。

体を鍛える為だけならば、
「自宅で筋トレ」
という運動も出来ます。

自宅でなら、
ジムへ通う往復の30分が節約出来ます。

自宅ですから、
1分くらいの時間を作って、
腕立て伏せが出来ます。

鉄アレイなどを買って、
1分ほど筋トレも出来ます。

ジムに行かないと、
筋トレが出来ない訳はないんです。

やろうと思えば、
どこででも筋トレは出来ます。

ジムに行って、
筋トレをする事だけが筋トレではないんです。

要は、
「筋トレに興味がない」んだと思うんです。

ジムに行き始めた頃は、
「好奇心」が大きいはずです。

それで、時間を捻出して、
ジムに行ったのでしょう。

しかし、
ジムに行ったはいいけど、
自分の思い描いていた物とは違って、
興味・関心が薄れてしまったかも知れません。

反対に、
ジムに行くと、
イケメンや美人な女性が多かったならば?

無理やり時間を作ってでも、
ジムに通ったかも知れませんよね。

筋トレじゃなくて、
他の目的でね。

そうなんです、
ジムから足が遠のいたのは、
時間が無いのではなくて、
「興味が薄れた」からだと思うんです。

それに、
しっかりした、
「目的意識」が無かったのでしょう。

そんなに目的意識が無くて、
ただ、
健康のために体を動かそう!
と思ってジムに行く。

ジムに言ったはいいけど、
思ったよりもハードでくたくたになる。

それで嫌気がさす。

そして、
「時間が無い」
と言って言い訳をして逃げる。

本当に、
目的意識があって、
筋トレを始めた人は、
時間を作って筋トレを楽しみます。

朝、時間が無いなら、
夜、早く寝て早く起きれば、
時間なんて作れるんですから。

時間が無いというのは、
ただの、
「いい訳」でしかないんです。

筋トレは、1分あれば、
どこででも出来ます。
ジムに行かないでも出来ます。

自分の意志です。

時間が無いのではなくて、
興味がないんです。


興味が無いと言うと、
世間から、
「続かなかったんだ」
「忍耐力が無い人だ」
「飽き性な人だ」

そのように、
世間から揶揄されたくないから、
「時間が無いんです」
と言い訳するのです。

そんな、無様な言い訳をするくらいなら、
「興味が薄れたんです」
と正直に答えれば、
心が楽になるんです。

ウソをついて、
「時間が無い」と言い訳していると、
罪悪感でストレスが溜まるでしょう。

また、
他人から、
「時間が無いのではなくて、
時間は作るものだよ!」

と言われて、
悔しい思いをしなくて済むんです。

そんな言い訳は止めて、
素直に、

「ジム、私のイメージとは違った」
「興味がうすれた」

そう、正直に言えば楽になります。

ウソをつかなくて済むんです。


IMG_9751.JPG