かぐや姫 / 22才の別れ

かぐや姫の、この曲を聴くと涙が出ます。
「22才の別れ」です。

僕は20歳の時に、
オートバイの事故で下半身の自由を失いました。
車椅子を使った生活になりました。

当時、住んでいたのは古いアパートでした。
それも、アパートの2階に部屋があったので、
自分の家に入る事も出来ませんでした。

また、
17歳の頃から、
同じ境遇の彼女と同棲をしていました。

彼女のご両親も離婚していました。
父子家庭でした。

僕の両親も離婚していて、
母子家庭でした。

傷の舐め合いではありませんが、
心が通じ合うものがあって、
一緒に暮らし始めました。

そろそろ、定職について、
家庭を作ろうと思った矢先に、
事故を起こしてしまったんです。

eee.jpg


ケガをして、
歩けない体になったのは悔しかったけれど、
それよりも、
3年も一緒に暮らしてきた彼女が、
少しずつですが心の距離が開いて行くのです。

それが辛かった。

歩けない事よりも、
彼女との距離が遠くなって行くのが辛かった。

22歳の時に、
僕は彼女と自然消滅しました。

お互い、別れるという話もなく、
連絡を取らなくなった。

それでね、
その彼女とは、
それっきり?かと言うと、

そうではないです。

今でも、僕の家の近所で暮らしています。
何度か家に遊びに来てくれています。

嫌いで別れた訳ではありませんからね。

今でも大切な人です。

そんな事があったので、
22才の別れを聞くと、
当時を鮮明に思い出してしまいます。

あの頃は、
そうするしかなかった。

そんな風に、
今なら素直に思えます。(o^―^o)ニコ

何よりも、
今でも彼女とは親友ですから。



出典:YouTube動画 abe katsuji 様

https://www.youtube.com/watch?v=zjxEdRGByWQ





22才の別れ