(。・ω・)ノ゙ おはよー♡ 11月9日(土)

おはようございます!

今朝の奈良県は「夜明け前」で真っ暗。
天気予報では「晴れ」となっています♪

IMG_0452.JPG


今朝は、少し肌寒かったです。
ってな事で、
「コップ1杯の白湯」を飲みました。

ミネラルウォーターに、
ポットのお湯を少し入れました。

IMG_0451.JPG


IMG_0449.JPG


IMG_0450.JPG


今日は通院日になります。
通院日は少し憂鬱な時があります。

それは「人間関係」で憂鬱になります。

病院という施設は、
「病を負った人達」
が集まる場所です。

とてもじゃないけど、
「パワースポット」だなんて言えません。

その逆ですよね。

また、僕が通っている病院は特殊です。
特殊な病気ですし。

特殊というか、
「治らない病気」と言われている病気です。

本来、病院へは、
「病気を治そう!」という気持ちで通います。

しかし、
僕が通う病院には、
病気を治そうと思っている人は、
「僕1人くらい?」でしょうか。( ´艸`)

治らない病気を、
治そうと思う人は少ないようです。

僕は若い頃からケガで入院することが多かったです。
どの病院も、
退院したり、通院後の帰りに、
「お大事に」という言葉をかけて頂く。

しかし、今通っている病院では、
治療が終わると、
「お疲れ様でした」
と、医療従事者の方々から声がかかります。

何だかね、
しっくりこないんですよね。

治療で疲れてなんていないし、
自分が生きて行くために、
治療をして頂いているのに。

僕の方こそ、
医療従事者の方々に、
「お疲れ様でした!ありがとう!」
とお礼を言うべきものだと思うのですがね。

何だか、
「患者に気をまわし過ぎ」
なんじゃないかな?って。

僕達患者は、
医療従事者の方々にお世話になって、
今の生活が出来るのですからね。

だから、
医療従事者の方々には、
「お大事に」という言葉を頂く方が、
僕の場合は嬉しいかな。
あくまでも、僕の場合です。(o^―^o)ニコ

治らない病気になっても、
「お大事に」という言葉で、
自分の体を労わる思いが湧くと思うんです。

治らない病気だからこそ、
こういった病気だからこそ、
自分の体を「お大事に!」と言ってくれた方が、
僕は嬉しい訳です。

僕の偏見ですね。
申し訳ありません。


さて、
病院では、ネガティブ空気が漂っています。
その空気に飲まれると、
心が弱ってしまいます。

だから僕は、
4時間の治療時間中は、
「大音量で音楽を聴いている」んです。

なるべく、誰とも接触しないように、
血圧計を巻きっぱなしにしていて、
自動測定しています。

苦手なスタッフさんと会話しなくて済むんです。

注射を刺す時と、
注射を抜く時・止血の時くらいでしょうか?
会話をするのは。


治療中は大音量で音楽を楽しむので、
周りの嫌な会話などは聞こえません。

目を閉じていますから、
苦手なスタッフさんを見なくて済む。
嫌な思いをしなくて済む。

スタッフさんにしてもらう事を、
極力減らしているので、
苦手なスタッフさんと会話する機会が減る。
助かるんです。


ただでさえ、
ネガティブな空間なのに、
そこ空間で、
嫌な思いをすると悲惨な1日になるんです。

だから、
病院では、
なるべく苦手なスタッフさんとは、
関わらないようにしています。


苦手なスタッフさんの方も、
僕とは関わらないようにしているようです。( ´艸`)


その方が助かりますがね。(o^―^o)ニコ

そして、音楽は楽しい!

聴いている曲は、
主に「懐メロ」です。

聴いていた当時を思い出したりします。
その頃の記憶が、
カラー映像で鮮明によみがえります。

それが楽しくてね。

逆に、
悲しくなる時も。(ノд-。)クスン

でも最近は、
その、悲しい想い出も、
何だか嬉しく思えたりもします。

その悲しみの、
「因果関係」を考えるとね。

そんなこんなで、
今日は音楽を楽しむ日です。

音楽を楽しみながら、
体をケアして頂いて来ます。

皆さんにとって、
素敵な1日になりますように。(o^―^o)ニコ


777777-633ae.jpg