「8時間の睡眠」と「筋肉痛」の因果関係はあるのか?

僕は毎日、トレーニングをやっています。

2yhes45e.jpg


睡眠時間が短かった時、
朝、起きた時の筋肉痛がハンパなく酷いです。
すぐに起き上がれないほどです。

しかし、
睡眠時間が長い時、
8時間以上の睡眠をとった時は、
朝、起きた時の筋肉痛がない時もあるし、
緩和されている事が多いです。

「睡眠時間」と「筋肉通」の、
科学的な根拠や因果関係があるのか?
僕には解りませんが、
僕は実際に体験しています。

他の方々に、
僕と同じような効果があるのか?
それも断定的な言い方は出来ません。
体質の違いなどもあるでしょうし、
トレーニングの内容も違うでしょうからね。

あくまでも、
僕が体感した事で、
睡眠時間が多いほど、
筋肉痛が緩和された事を体験したという「経験談」です。

*僕の勘違いだとか、気のせい?
 そういう事もありえますので、
僕の今回の記事に不快な表現があったとしたら、
申し訳ありません。

ただ、何度も言いますが、
僕の体験談として書かせて頂いた記事です。

そんな事で、
最低、8時間の睡眠をとれるように、
1日の時間調整をやってみたいです。

データというものも、
2~3日の結果だけで見るよりも、
数か月、数年というデータがあった方が、
より信憑性が出るでしょうね。

8時間睡眠を目指してみます♪

1ghtes.jpg



出典:YouTube動画 山本義徳 筋トレプログラム様

筋肉痛を早く治す方法や山本義徳氏も使用しているサプリメントを紹介!
https://www.youtube.com/watch?v=cMYhRl3oVFA&t=152s




・日曜日、月曜日、水曜日、金曜日は、
家の近所の公園へ行って、懸垂台を使って、
「ストリートワークアウト」をやっています。
主に上半身を鍛えています。

・火曜日、木曜日、土曜日は、
朝から自宅で「自重トレーニング」をやっています。
主に腹筋を鍛えています。

公園では上半身、
自宅では腹筋をという感じで、
日ごとに分けて鍛えています。

というのも、
筋肉を休ませてあげる時間を設けています。

毎日、同じ部分を鍛えても、
筋肉が傷み続けるだけで成長しないようなんです。

そんな事で、僕の場合は、
1日置きに部分を変えて鍛えています。


49歳から始める「片手懸垂」、道のりは険しい。

https://www.youtube.com/watch?v=DUcRumQPU-s&t=320s