現代は、人工透析を受けれる「恵まれた社会」です。

僕は慢性腎不全という病気を発症し、
週に3回、4時間の人工透析を受けています。

病気になって、
国民健康保険制度によって治療を受け、
日本の優しい社会のお陰で生きています。

とても感謝しています。
ありがとうございます。

僕が病気を発症した時、
尿毒症の中毒症状が起きて、
・幻覚を見て、
・幻聴を聴きました。

喉が渇いて水を飲むのですが、
飲んだら吐いてしまう。

唇が渇いてしまって、
上唇と下唇がひっついてしまって、
口を開けると皮がめくれて血が出ます。

意識がもうろうとし、
呼吸ができなくなってきました。
そして、
ついに心臓が止まってしまいました。

意識がある時に、
心臓が止まったんです。

電気を消した時、
「プツン」と部屋が真っ暗になる感じでした。
心臓が止まる時は、
痛みや苦しみはありませんでした。

幸い、そこが集中治療室だったので、
スタッフの皆さんのお陰で今があります。

しかし、僕は現代人。
江戸時代などには人工透析なんて受けれません。

こういった病気になると、
ほとんどの人が中毒症状を引き起こして、
幻覚を見、幻聴を聴いて、
苦しんで息が出来なくなって、
窒息死するのかな?と思うと、
僕は恵まれているなって思うんです。

この病気は、
「治らない病気」だそうです。

でも僕は、
「治ったらラッキー」だと思っている。

過度の期待はしていないけど、
治ったらラッキーだよなって。

そして、
人工透析については、
100%病院にお任せしています。

なるべく病院では、
治療に関する事に、
口出ししないようにしようと思っています。

僕は治療に関しては素人ですから。
玄人に任せていれば安心です。

それで、
僕が治療の一環として、
僕がやるべき事は、
ストイックにやっているつもりです。

病気について、
何か学ぶだとかはしません。

今、やっと、
人工透析にも慣れましたし、
この今の生活を安定させるだけ。

人間の寿命は、
頑張って生きて120年だそうです。

僕が120年、生きたとしても、
必ず「死を迎える」んです。

健康な体でも、
病気で弱った体でも、
人生には終わりがやって来ます。

先の見えない「死」に怯えながら、
人生という過酷なマラソンをしている。

僕は、人生に迷走していました。

しかし今は、
人生のゴールに向かって走っています。

僕がこの世に、

・何の目的があって生まれて来たのか?
・死後、どこへ行ってしまうのか?

こういった、
人生の目的について深く考えていると、
答えが与えられました。

僕に与えられた答えが、
正解かどうか?解りません。
全ての人達に有効な答えではないかも知れません。

ただ、
僕はその答えによって、
人生で目指す場所が見つかりました。

僕の答えとは、
「創造主を知った」事です。

この世界を創造された創造主を。

そして、
その創造主が、
どんな理由があってこの世界を創造されたのか?

僕は、創造主の意思までは解りません。
創造主の考えがあるのでしょう。

僕は水槽でメダカを飼っています。
メダカが快適に暮らせる、
水槽という世界を提供しました。

メダカ達が幸せに暮らし、
交尾をし、子孫を繁栄させていく。

それを見ていると、
とても心が和みます。

僕は、メダカ達に、
水槽という世界で、
自由に楽しく、幸せに暮らして欲しいと願っている。

僕自身もまた、
病気にはなりましたが、
この地球という星で、

自由に、楽しく、幸せを感じながら、
生きて行きたいと思っています。

体が不自由になりました。
しかし、
僕は何の不自由もありません。

温かい社会に守られていますから。

自重トレーニングも楽しめている。
よくよく考えたら、
病気になって、あっけなく死んでいたかも知れません。
大ケガをした時、
あっさり死んでいたかも知れません。

健康な時に、
辛い目に合うことも多かった。

病気になってからも、
辛い目に合うことも多かった。

健康な時に、
辛い目に合っても言い訳が出来ない。

病気の時に、
辛い目に合うと言い訳が出来る。

そう思うと、
健康でも病気でもトントンだなって。

僕は、
そのように実際に体験して感じました。

あくまでも僕の体験談です。


そんなこんなで、
健康であろうと、病気あろうと、
目の前の幸せに気付いて、
感謝して、楽しさを味わえたら幸いです。

楽しく生きる事が、
人生だと思っています。

目の前の幸せに気付けたら、
毎日が楽しくなると思います。


777777-633ae.jpg