やる気スイッチって、どうやって入れるの?

やる気スイッチには、
スイッチを入れる「入れ方」があるようです。

電気のスイッチを入れるためには、
スイッチの場所まで行かないといけません。

リモコンを取るために、
手を伸ばさないといけません。

例えば、
腕立て伏せをやろうと思っていても、
なかなか、
やる気スイッチが入らない事がある。

そんな時は、
まず、何も考えないで、
「腕立て伏せ」をするんです。

そうすると、
やる気スイッチが入ります。

「とりあえず、やる」

これが、
やる気スイッチなんです。

いざ、やってみると、
いざ、行動してみると、

自然とスイッチが入って、
脳が活性化されて、
意欲が増して来るようです。

やる気スイッチが入ったから、
やれるのではなくて、

とりあえず、やったら、
とりあえず、行動したら、

やる気スイッチが入るんです。


IMG_4404.jpg