「ストリートワークアウト」について。

ストリートワークアウトとは、
単純に、
「公園でトレーニング」をする事です。

しかし、
ストリートワークアウトの、
YouTube動画を観ていると、
皆んさん楽しそうにやっておられます。

「スポーツ感覚」でやっているように見えます。

僕は小学4年生の時に、
サッカーと出会いました。

サッカーに夢中になりました。
サッカーが大好きでした。

ストリートワークアウトが、
そのサッカーのように楽しくてね。

僕は、サッカーの練習が嫌いでした。
しかし、
練習のない日も、
1人でサッカーボールで遊んでいました。
家の中でも、サッカーに触れていました。

「好きこそ物の上手なれ」

という言葉があるように、
やっていると上手になります。
その人に、
「合っている」・「合っていない」
というのもありますが。

僕はストリートワークアウトを、
最近では、
「スポーツ感覚」でやっています。

1つの技を習得するために、
それを練習します。

マスターしたら、
次の技を練習します。

その技をマスターするための、
基礎トレーニングとかはしません。

練習こそが、
「基礎トレーニング」だと思うんです。

例えばの話しですが、
サッカーで「リフティング」というものがあります。
足で、
ボールをちょんちょん蹴り上げるヤツです。

リフティングをマスターするのに、
校庭を10周走ったりなんてしません。
そんな基礎体力を付けるよりも、
下手でもいいから、
リフティングをやることです。

リフティングをやっていたら、
コツが掴めてきます。

練習していれば、
リフティングに必要な筋力も付くでしょう。

わざわざ、
リフティングをするために、
基礎トレーニングなんてしません。

そんなことで、
僕の場合ですが、
マッスルアップをマスターしたいので、
マッスルアップをやります。

形になっていませんが、
それでも続けてやります。

今日は、前回よりも、
少し上に上がりました。

そうやって、
マッスルアップを繰り返していれば、
少しずつですが上達すると思います。
また、
それで、マッスルアップに必要な、
筋肉も同時についてくると思うんです。

腕立て伏せをするための、
筋力って、
どうやって付けますか?

そういった感覚です。

まあでも、
基礎トレーニングは、
やった方が良いと思います。

ストレッチもね。

あくまでも、
僕の場合は、
基礎トレーニング抜きで、
覚えたい技を最初から練習します。

それが、
正解だとは言いませんし、
強要もしません。

ただ、
僕の場合は、
そうやって成功してきたという事です。

この写真が気に入っています。
プランシェですが、
腕が伸びていないのが残念。
ちょっとね、言い訳なんですが、
背景の電車に合わせて、
急いでプランシェをしたんでね。
腕を上げきれなかったです。( ´艸`)

プランシェ733.jpg