(。・ω・)ノ゙ おはよー♡ 10月3日(木)

おはようございます。(o^―^o)ニコ

今朝の奈良県は「真っ暗」です。
天気予報では「曇りのち雨」だそうです。

今日は通院日で、通院日は、
3時に目覚まし時計を合わせています。

IMG_8498.JPG


3時に起きて、
まず、コップ1杯の水を飲んで、
1日の始まりです。(*^-゚)v

IMG_8497.JPG


IMG_8496.JPG


水を飲んで、その後、
すぐにコーヒーを作ります。

コーヒーを飲みながら、
筋肉痛の体をほぐすストレッチをします。

体をほぐしながら、
こうやってブログを書いています。

ブログを書いて、
他の作業も済ませて、
メールチェックも済ませ、
大体、5時くらいから、
朝のトレーニングを始めます。

「プランシェ」をしている動画を撮影し、
YouTube動画に動画をUPし、
ブログに、その記事を書いてと、
用事がたくさんあります。

そして、
外が明るくなって来たら、
植物やメダカ達のお世話をします。

また、病院へ行くための準備もあります。
病院ではトイレに行けませんので、
病院へ行くまでの間に、
排泄物を出し切っておきます。

そして、体を洗います。
洗浄液の入ったスプレーボトルがあって、
体全体に洗浄液を吹き付けます。
そしてタオルで拭き取ります。

色々と、病院へ行く準備もあって、
9時45分に玄関を出ます。

玄関を出て、
病院からの送迎車が来るまでの時間に、
駐車場で体のストレッチをやっています。

病院での治療は、
4時間の人工透析を受けています。

ただ、ベッドで4時間、
透析を受けながら寝ているだけです。
聖書の音読や、
音楽や自己啓発CDを聞いたりしています。

朝、9時45分に家を出て、
昼、3時過ぎに帰宅します。


病院から帰ったら、
まず、メダカ達にエサを与えます。
次に、植物の観察をします。

そして僕の夕飯を作ったり、
作って貰ったりして、夕飯を食べます。

夕飯を食べると、すぐに眠たくなります。
それで爆睡します。

夜中に目が覚めるのが嫌なので、
眠気が出て来たら、
「ハルシオン」という睡眠薬を飲みます。
そうすれば、
変な時間に目が覚めなくて、
8時間以上も睡眠が取れます。

このような感じで、
通院日は、
朝早くから、何だかんだとやっています。

僕は、あまり人と関わるのが苦手なので、
通院日の、
病院へ行く時が苦痛だったりします。

気の合う人ならともかく、
気が合わない人の方が多いですからね。

まあ、出来るだけ、
気難しい人とは目を合わさないようにしています。

気難しい人には、
要件だけを話すようにしています。
世間話やプライベートな話は避けます。

僕が、
心を開いて接していても、
相手が心を閉ざした人だったら?

そういう事もあります。

また、
僕が心を開いて接していると、
僕の心の中を、
土足で踏み荒らす様な輩もいます。


そんな事で、
最近は、
むやみに心を開くことは避けています。

もう、通院を始めて5年目になります。
病院で接する人達が、
「どのような人間か?」
大体は把握出来ています。

・信用出来る人、
・信用できない人、
・どうでもいいような人までいる。


やっぱり、
患者に対して、
「思いやり」をもって接して下さる、
そういう医療従事者の方には、
自然と心が開けています。

いえ、
そういう方だから、
心を開けるんだと思います。

医療従事者に、
「思いやりを持て!」というのは、
患者の「わがまま」でしょうね。


だって、
医療従事者は、
サラリーマンなのですからね。

生活の為に仕事をして、
給料を頂いておられるんですから。

患者へ思いやりをもって、
それで給料が貰えるのなら?
思いやりをもって頂けるでしょうね。

思いやりっていうのは、
あくまでも、その人の、
「道徳心」だったりしますから。

医療従事者に、
思いやりを求める事自体が、
間違っているんでしょうね。

医療従事者は、
慈善事業をしている訳ではないんですからね。

彼等は、生活の為に仕事をしているんだから。

それでもね、
医療従事者の多くには、
「思いやり」がある人が多いのも事実です。


だから、
患者も誤解しやすくなってしまうのかもね。

患者の顔を見ても、
挨拶もしないような医療従事者も多い。

患者と挨拶をするのが面倒だから、
顔を合わせようとしない輩もいる。

医療従事者だからといって、
聖人君子でもなんでもない。


ただの職業。


それなのに、
医療従事者に優しさを求めてしまう。

患者は、
もっと精神的に強くならないとね。

体が弱っていると、
やはり心も弱ってしまいます。

だから、
通院する事も億劫になる事もある。

そんな時に、
病院で、
笑顔で出迎えてくれて、
笑顔で挨拶してくれて、
楽しい会話もしてくれて、
心を軽くして下さる医療従事者もいます。


だから、
通院するストレスが軽くなるんです。

そういった医療従事者の方々が、
お休みの場合は、
いつも目を閉じて、
誰とも会話をしないようにしています。

嫌な気分で家に帰りたくありませんからね。

そんな事で、
僕は病院では、

苦手だなと思う人とは、
一切、会話をしないようにしています。

また、
目を合わさないようにしています。

治療が終わったら、
サッサと家に帰ろうと思っています。

僕が、
心を開いて接しても、
大丈夫な医療従事者の方とだけ、
本音で会話をしています。

そうしないと、
また、
心を踏みにじられますからね。

心のドアの、
開け閉めをしっかりしないと、
心が荒らされますからね。



IMG_0831.JPG