「甘えるな!」という言葉の意味

僕の人生を振り返ると、
「甘えるな!」という言葉を、
何度も浴びせられ来たと思います。

事ある度に「甘えるな!」と言う人も多い。

人が、人に対して「甘えるな!」と言うのですから、
人に甘えるなと言う人は、
自分に厳しく甘えない生活をしているのだろうか?

人に甘えるなと言う人を、よくよく観察して言うと、
そう言う人に限って「甘えた生活」をしているんです。

自分の事は棚に上げて、人には甘えるなと言うんです。

では、なぜ?
その人は、人に対して、
「甘えるな!」と言ってしまうのでしょうか?

それは「嫉妬:しっと」なんです。

自分が人に甘えたくても甘えれない性格で、
他人が素直に人に甘えているのを見て腹が立つからです。

子供に対しても、
躾と称して、「甘えるな!」という言葉を乱用する人も多いです。

子供が転んだ時、
やっぱり子供は泣いてしまうものです。
しかし親は、躾と称して「甘えるな!」と言い、
「自分で立ちなさい!」と怒るのです。

子供はなぜ?
転んで泣くのでしょうか?

それは、転んで痛い思いをして、
「心が不安な状態」なです。

そんな時に、親に傷を診てもらって、
「大丈夫だよ」という言葉が欲しくて泣くんです。

親の「大丈夫だよ」という言葉で安心するんです。

しかし、
転んで泣いている子供に対して、
「甘えるな!」という親も多いです。

そうやって育てられた子供が、
やがて親になって、同じことを自分の子供にやらかしてしまうです。

転んで痛い思いをしたけれど、
自分で這い上がらないとダメだろ!
社会に出たら誰も助けて貰えないんだぞ!
そういう親の考えも解らないでもありませんが、
子供の身になって考えて欲しいのです。

子供は、痛い思いをして不安なんです。
安心感が欲しいんです。

もし、子供が転んで泣いていて、
「甘えるな!」と言うならば、
大人のあなたも、
病気になって苦しい時に、「病院に行くな!」と言いたい。
「自分で治せよ!」と言いたい。
「甘えるな!」と言いたい。

僕は部屋でメダカなどを飼っています。
床に、何か動くものがいるな?って思っていたら、
水槽からエビが飛び出していました。

必死に歩いて、僕の方へと歩いて来ていました。
エビは水が無ければ干からびて死んでしまいます。

たまたまかも知れませんが、
僕の方へ、助けを求めて、ヨタヨタと歩いて来ていました。

何だか涙が出そうになってね。
僕は、エビから助けを求められて、嬉しかったんです。

甘えて来てくれて、嬉しかったんです。

僕を頼ってくれて、嬉しかったんです。

自分が甘えられない性格だからといって、
自分が甘えれなかったからといって、

人に甘えるなというのはどうなのでしょうか?

人に甘えるなと言うからには、
自分も人に甘えてはいけないんです。

この社会って、
みんなが甘え合って支え合っていると思うんです。

甘えのない世界が、それが理想的な世界なんでしょうか?

とても息苦しい世界にしか思えません。

人に対して甘えるなと言うなら、
そう言う人は、
無人島ででも暮らせば良いと思うんです。

人に甘えるなという人も、
この社会で、たくさん甘えていると思うんです。

だって、自分の力でこの世に生まれて来たわけではないし、
大きくなるまで親に甘えて、育ててもらったのですからね。

「甘えるな!」というのは、
ただの「嫉妬:しっと」なんです。


IMG_4404.jpg