自分に「素直」に生きて行きたい。

昨夜は、「マーフィーの法則」を学びました。
とても良い刺激を受けています。

昨日の学びでは、
聖書からの言葉を引用した教えが多かったです。

聖書の言葉を、
また、違った角度で見る事が出来ました。
良かったです。

マーフィーの法則も素晴らしいのですが、
それと同じく、
聖書という書物も素晴らしいです。

僕のバイブルです。

自分に素直に生きて行こうと思えました。

心で、素直に思った事が、
具現化されて生活に反映されるのだと知りました。

僕は、少し前まで片想いをしていました。

年が離れた、
自分の子供と同じような年頃の女性です。

僕は生活力も無ければ、
身体的な理由で、子供を作る事も出来ません。

こんな僕が、
あんな素敵な女性を愛しても、
「どうにもならない」という顕在意識が強かったです。

好きになり出した頃は、
「この人と結婚出来たら幸せだな」
と思っていました。

しかし、どうでしょうか、日が経つにつれて、
好きだという気持ちよりも、
「俺なんか・・・」だとか、
「高嶺の花だよなだよな・・・」と、
好きでいる事を諦めようとしているんです。

たとえ、何かの奇跡が起こって、結ばれたとしても、
体が不自由な俺の世話をさせて、
「申し訳ないな」と思ってしまうんです。

そうやって、
恋が実らない「理由」を探していました。

それは、根底に、
「俺には高嶺の花だ」という気持ちがあったからです。
失恋して辛い思いをするくらいなら、
今のうちに、諦めておいた方が傷が浅くて済む。
そう、思っていたのでしょう。

そうなんです、

「傷付くのが怖かった」

から、相手に相応しくない人間だと、
自分を認めさせて、諦めようとしていたんです。

僕はサッカーが好きだった。

いつも1人ででもサッカーをやっていました。
毎日が楽しかったです。

そこに、
僕がサッカーが下手だからと言って、
誰かに揶揄されるという不安はありませんでした。

ただ、サッカーが楽しかったんです。

あの頃を思い出して、
好きな女性の事が、まだ心に残っているのなら、
サッカーが好きだったように、
その女性を好きでいようと思う。

まず、自分の気持ちに素直になろうと思う。

そして、
思った事は、すぐに実践します。

今日から、「アイマスク」の使用を止めます。
そして、毎日、メガネをかけてようと思う。

僕は、好きだった事を過去にするために、
僕の心を奪うものを、
・見ないようにしていました。
・関わらないようにしていました。

でも、今日からは止めます。

僕の心を奪うほどの、素敵な事ですから。
僕の心を楽しませようと思う。

素敵な事を学んだら、
すぐに「実践」すると、身につくと思います。

IMG_5579.JPG