食事を「意識」して食べる♪

そもそも、食事って何でしょう?
なぜ、食事をするのでしょうか?

・1日3食、食べる事が常識になっているから?
・親が食べろと言うから?
・お腹が空いたから食べる?
・栄養を補給するために食べる?


僕の場合ですが、僕が食事をする理由は、

・体を動かす「エネルギー」として炭水化物を補給する。
・「肉体形成」のために良質なタンパク質を補給する。


この2つの理由で食事をします。

言い換えれば、
体を動かさないならば、エネルギーを使いませんから、
食事をする必要がないという事です。

ただ、人が生きていく上で、
必ず必要とされるエネルギーがあります。
「基礎代謝」がそれです。

基礎代謝とは、簡単に説明すると、
心臓を動かしたり、肺を動かしたり、
生きていて人体を動かす限り、
必要最低限のエネルギーが必要になります。

僕は49歳で、体重が47キロの僕の場合は、
基礎代謝に必要なエネルギーが、約1200キロカロリーです。
1日に最低限、それだけのエネルギーが必要だと言われています。

それに付け加えて、
仕事をしたり、運動をしたり、
基礎代謝以外に使うエネルギーが必要になります。

僕の場合は、
・基礎代謝と、
・仕事や運動のために使うエネルギーで、

1日に、約2000キロカロリーが必要になります。

僕にとって「食事」とは、
自動車に例えると「ガソリン:燃料」のような物です。


グルメだとかは、横に置いておいて、
食事という物の意識は「体を動かす燃料」なんです。

必要な分だけのエネルギーを補給します。
必要以上にエネルギーを蓄えてしまうと、
返って行動が重たくなってしまいます。

自動車だって、
必要以上に燃料を入れてしまうと、
車体が重たくなって燃費が悪くなります。

ガソリン満タンの重たい自動車を動かすのと、
ガソリンが少ない軽い自動車を動かすのとでは、


やはり、ガソリンの少ない軽い自動車の方が燃費が良いです。
人体も同じです。

僕の場合は、
1日に1食~2食で生活をしています。

朝ご飯は、健康のために食べません。
そして、
食事をする時間帯を決めています。

昼12時から、夜8時の間に食事を済ませます。

昼は、主に「炭水化物」を意識して食べます。
炭水化物は体を動かす「エネルギー」です。

夜は、主に「良質なタンパク質」を意識して食べます。
良質なタンパク質は「体を作る材料」です。

夜は、8時に寝るようにしています。
夜8時以降は寝ますから、それ程エネルギーが必要になりません。

それよりも、寝ている間に、
食べた物から栄養を吸収し体を修復します。

その時に必要になるのが「良質なタンパク質」なんです。

・体を動かすエネルギーとして「炭水化物」を!
・体を作る材料として「良質なタンパク質」を!


こういった意識を持つと、
「食べ過ぎ」に注意が出来ると思います。

こういった意識を土台に、
グルメを楽しまれてはいかがでしょうか。


IMG_2094.JPG