嫌な思いをする事は「チャンス」♪

嫌な事があって、嫌な事を忘れようとすると、
さらに自分の首を絞める事になる。

嫌な事を「忘れよう!」「忘れよう!」と、
努力しちゃうと、
いつまでも嫌な事を意識してしまうからです。

そんな事をするよりも、
好きな事に目を向けるといい。

好きな事をやっている時は、
嫌な事なんて考えません。

取りあえず、
僕は、嫌な事があったら、
その場から逃げ出します。

逃げる事が「恥」だとは思いません。

それよりも、
嫌な事があって、
それに腹を立てて、
暴走して、
他人を傷付ける事の方が恥だと思うんです。

僕は、怒りの感情をむき出しにしてしまうと、
残酷な言葉を発したりします。

健康な体の時は、
相手を傷付ける事もありました。

そんな事もあって、
嫌な目に合った時は、
肩を落としてその場を去るんです。

そして、
気持ちを切り替えるために好きな事に没頭します。

嫌な目に合うと、
心が折れたりする時もあります。

しかし、
嫌な目というのは、
自分の成長のための課題でもあるはずです。

文句を言われて嫌な目にあうのは?
自分が文句を言われるような事をしていたかも知れません。

本来、自分が正しい行いをしていれば、
他人から嫌な目に合うことはないはずです。

相手が、よっぽど?
性格が歪んだ人なら別ですが。

嫌がらせをされたり、
嫌味を言われて、嫌な気持ちになるのは、
それは自分が相手にして来た事が、
自分に返ってきているという事です。

自分が、相手に親切にしていれば、
相手もまた、自分に親切に接してくれるでしょう。
*それが出来ない人もいますが。

嫌な思いをして腹を立てるのではなくて、
「相手に、嫌な思いをさせたのかな?」
と考える方が良いかも知れません。

嫌な思いをして腹を立てるのは損です。

嫌な思いをした時が「チャンス」なんです。

自分を見直すチャンスなんです。


IMG_8609-1c89a.jpg