朝ご飯について、僕の主観を書いてみた。

人には、「生活リズム」のようなものがあるようです。

・朝4時から、昼12時までを「排泄の時間帯」
・昼12時から、夜8時までを「摂食の時間帯」
・夜8時から、翌朝4時までを「消化・吸収の時間帯」


このような生活リズムに合わせて生活をしています。

朝4時から昼12時までは、
「排泄の時間帯」ですから、
体内に溜まった老廃物を出す作業をします。
排泄の時間帯ですから、朝ご飯は食べないんです。

昼12時から夜8時までは、
「摂食の時間帯」ですから食事をします。
食べる内容は、
体を動かすためのエネルギー補給として、
1日に必要なだけの「炭水化物」を摂ります。

自分の、1日の生活に必要なカロリーが、
「2000キロカロリー」だったならば、
「2000キロカロリーまでの食事」に抑えます。


それ以上、食べてしまうと、
炭水化物が脂肪に変換されて脂肪になってしまいます。
太ってしまうという事です。

そして、
・炭水化物が、体を動かすエネルギーで、
・良質なたんぱく質が、肉体を作る材料です。


体を動かすために炭水化物でエネルギーを補給し、
肉体を作るために良質なたんぱく質を補給するんです。

夜8時から翌朝4時までは、
「消化・吸収」の時間帯ですから、
夜8時以降は何も食べないで、寝るようにしています。

寝ている間に、食べた物が分解されて栄養になり、
寝ている間に、肉体を作ってくれて、体を修復してくれます。

そして、肉体を修復し終えて、
栄養を吸収し終えて、老廃物が体内に残ります。
朝になって、その老廃物を排泄するんです。

そうやって、人間の体がリセットされるんです。

朝ご飯を食べないとこについて、
賛否両論あります。

体質や、その人の生活環境で、
・朝ご飯を食べた方が良い人もいます。
・朝ご飯を食べない方が良い人もいます。


自分の生活に、
朝ご飯が必要ならば、食べれば良いと思います。

自分の生活に、
朝ご飯が必要なければ、食べなくて良いと思います。

本来は、
朝ご飯を食べない方が、
人間の生活リズムに近いですからね。

そもそも、
朝ご飯を食べるきっかけを作ったのは、
「エジソン」だと言われています。

エジソンは、トースターを開発しました。
トースターを売るために、
「朝はパンを焼いて食べよう!」
ってな宣伝をしたお陰で、
朝ご飯を食べる習慣が出来たそうなんです。

学校の先生や親は、
「しっかり朝ご飯を食べなさい!」
と子供をしかりつけますが、

どんな根拠があって、
「朝ご飯を食べなさい!」と言うのでしょうか?

エジソンは、
自分が開発したトースターを売りたいから、
「朝ご飯を食べよう!」と宣伝しました。

学校の先生や親は、

「トースターの売り上げに協力するために、
しっかり朝ご飯を食べなさい!」


とでも言っているのでしょうか?

本来、人間の生活リズムに照らし合せると、
朝ご飯を食べる理由なんてないんですから。

揚げ足を取る人もいるので補足しておきます。

その人の体質で、
・朝ご飯を食べないといけない人もいます。
・生活リズムが、一般的な人と違う人もいます。
 夜勤をされている方は、朝ご飯が夕飯になる場合があります。
 そういう生活環境の違いもあるので、
 その人の生活環境に合わせるのが相応しいです。

そして、僕は、
「朝ご飯を食べるな!」と勧めている訳ではありません。

僕の場合は、
朝ご飯を食べない方が体調が良いのです。

朝ご飯を食べる方が、体調が良いと言う人には、
朝ご飯は必要な物なのでしょう。

僕は、強要はしません。


IMG_2108.JPG