「頑張る」から楽しくない?

僕は、趣味で「粘土細工」をやっています。
今は気分が乗らないので休眠中です。

IMG_20666 - コピー.jpg


IMG_1172-thumbnail2.jpg


気分が乗っている時は、
寝ないで作り続けてしまいます。

それは、
「頑張って作品を完成させよう!」
と思って作っているのではありません。

「楽しすぎて時間を忘れて」いるんです。

この、粘土細工の楽しい時間を、
辞めるのががもったいなくて、続けちゃうんです。
後の事なんて考えていません。

変な言いかたになりますが、
寝ないで粘土細工をやっていて、
もし、それで、
命を落としても平気なくらいでした。

ただ、目の前の粘土細工に没頭しているんです。

そこまで夢中になってやっていると、
「コツ」をつかみやすいんです。

また、集中してやっているので、技術が向上します。

好きな事をやる時って、頑張ったりしません。
努力もしません。

好きな事って、楽しいから好きなんです。
楽しい事をしていれば、頑張る必要なんていらないんです。


苦手な事をする時は、
やはり努力しますし、頑張ります。


IMG_1173-1b79e-thumbnail2.jpg


よく耳にする言葉で、
「さあ、みなさん頑張りましょう!」
というフレーズを聞きますが、

僕は、そのフレーズを、
「苦手な事に向かって頑張りましょう!」
というような解釈をしてしまいます。

潜在意識に、
「これから、苦手な事をするんだよ!」
と刷り込まれているような気がして嫌なんです。


「頑張ろう!」「ガンバレ!」という言葉は、
素敵な言葉でもありますが、

時に、
「人の足を引っ張る言葉」でもあるのかなって。


IMG_1158-thumbnail2.jpg


僕は若い時に大ケガを負って、
歩けない体になりました。

車イスを使って生活をしています。

若い頃は、よく声をかけられました。

「お兄ちゃん、頑張りや!」と言われるんです。

車イスを漕ぐ、僕を見て、
「頑張れ!」と言うんです。

そういう応援の声をかけて頂いて、
嬉しい反面、嫌な思いをする事も多かったです。

僕は、車イス生活にも慣れて、
不自由な身体ではありますが、普通に生活をしています。

何も頑張らなくても、普通に仕事をしていましたし、
普通に結婚生活も送っていましたし、
足が動かなくとも、
両手を使って自動車も運転していました。

それでいて、
「頑張りや!」と言われると、
何だか、
「そういう身体でも頑張りや!」と聞こえ、
更には、
「そういう身体」と解釈してしまうんです。

で、「そういう身体で悪かったな!」と、
何だか嫌な思いになるんです。

IMG_1851-thumbnail2.jpg


応援をして下さった方は、
そんなつもりで言った訳ではないです。

しかし、
僕には、そのように聞こえてしまうんです。
僕の心が小さいんでしょうね。

僕は、「頑張ろう」とか、
「頑張って」という言葉は使います。
でも、あまり使わないようにしています。

それよりも、
「楽しんでね♪」という言葉を使います。


楽しめば、
それが好きになります。

「好きこそ物の上手なれ」

その方が素敵でしょ。(o^―^o)ニコ

IMG_2019-thumbnail2.jpg