社会のルール

子供と一緒に買い物に行ったとします。
子供が「これを買って欲しい!」と駄々(だだ)をこねた時、
皆さんなら「与えますか?」「与えませんか?」

こういったテーマには、たくさんの意見があるようです。
・甘やかすとクセになるから与えないという意見があったり、
・子供が欲しい物を買い与えるという意見があったり。


僕の主観ですが、
僕に子供がいたならば、
子供には「これが欲しい!」とは言わせません。


僕だったら、
子供の物心がつく頃に、
そういった事を教えていると思います。

一緒に買い物に行く頃には、子供は、
「お小遣いを貯めて欲しいものを買おう♪」
という判断が出来ていると思います。
そのように、躾(しつけ)が終わっていると思います。

子供にこれが欲しいと「言わせない」というのは、
「強制」しているのではなくて、
子供が駄々をこねないからなんです。

買い物に行って、
「これが欲しい!」と駄々をこねるのは、
「対価を払って物品を得る」ことを教えていないからです。

買い物に連れて行く前に、
「買い物」というものを教えないといけないんです。

社会のルールを教えないといけないんです。

子供が駄々をこねるのは、「親の説明不足」だと思うんです。

だから、
最初に、子供に社会のルールを教えておくと、
買い物に行った時、
子供が「あれが欲しい!」と駄々をこねることがないんです。

よく考えてください、
仕事をしている社会人が、スーパーへ行って、
「これが欲しい!」といって駄々をこねる人はいませんよね?


それは、「社会のルール」を知っているからです。

IMG_5192.JPG


少し、厳しい文章になりましたが、
子供に駄々をこねさせない方法は簡単なんです。

最初に、社会のルールを教えておく事です。

「お小遣いを貯めて、
お金が貯まったら、自分の欲しいものを買おうね。」


と、教えておいてから、
買い物デビューすれば良いんです。

「お父さん、お母さんのいう事をきいたら、
欲しいものを買ってあげるから!」


というのはNGだと思います。

親のいう事を聞かないと、願いが叶わないと思ってしまうからです。
自立した精神が養えないかも知れませんから。


あくまでも、
子供の「自由意志」を尊重出来る方が良いと思います。

危険な場所へ、
子供が入ってケガをしてから親は怒るんです。

それじゃ遅いんです。

危険な場所へ入ると、
どんな危険があるのか?
しっかり教えないとね。

「危ないから!」だけでは、
子供には理解出来ないと思うんです。

どんなふうに危なくて?

危ない目に合ったら、
どんな痛い目に合うのか?教えないといけないです。


IMG_8998.JPG



スポンサーリンク