人に噛みつく「犬」や「人」。

若い頃、隣の家の犬に右手を噛まれたことがある。

いつもはシッポを振って懐いてくれていたのですが、
その時、たまたま犬の機嫌が悪かったのでしょうか。

隣の方が言うには、
甘やかして育てたので、「噛み癖」があるそうです。

翌日、犬は、いつものようにシッポを振って僕を見ています。
昨日、僕を噛んだことを、すっかり忘れているようでした。
何だか腹が立ってね、僕は犬を無視したんです。

次の日も、その次の日も、無視したんです。

するとね、10日ほど経ったときには、
犬は僕を見てもシッポを振りません。
何だか、僕を、「申し訳なさそうに」見ているんです。

何となくですが、犬の表情から、
「ごめんなさい」
と謝罪の言葉が伝わって来た感じがしました。

それで、僕はゆるしてあげたんです。
その日から、犬がシッポを振り出しました。


IMG_2432.JPG


犬でも解るんです。
人から無視されているってことを。

自分が悪い事をしたから、人から無視されてるんだなって。

犬でも反省するんです。
ごめんなさいって謝罪するんです。

人は、犬よりも賢い動物です。

犬よりも賢い動物なのに、
他人を不愉快な思いをさせても、
謝罪もしなければ、開き直る輩までいます。

他人から無視されていても、
自分が悪い事をしたという「罪悪感」がないんです。


IMG_5115.jpg


僕は、他人から嫌な事を言われたり、されたら、
その人と「距離」を置きます。
・その人の顔を見ません。
・その人に声をかけません。
・その人の声も聴きません。

僕の心の中から、その嫌いな人を意識しないようにします。
心の中で、少しでも嫌いな人を意識してしまうと、
イライラしてしまいますからね。

意識しないためにも、その人と関わらないようにするんです。

それで、もし?
相手から歩み寄ってくるならば?
僕は心を開いてゆるすでしょう。


IMG_8609-1c89a.jpg


犬よりも賢い人間が、
どうして?素直に自分の非を認められないのでしょうか?

それは、「羞恥心」があったり、「自尊心」が高かったり、
知識があるからだと思うんです。


知識が増えると、悩み事も多くなるようです。
子供の事は、毎日が楽しかったのですが、
大人になって知識が増えると、毎日が大変です。

それらが邪魔をして、素直に謝罪出来ない場合もあります。

そこを、勇気を出して、謝罪出来たなら?
心が楽になると思うんです。

心に「わだかまり」があるのと、
心に「自由」があるのとでは大違いです。


素直に謝罪して、心に自由を取り戻す方が楽です。

謝罪するタイミングを失うと、
一生を台無しにしてしまう場合もありますからね。

謝罪することがあるなら、
1秒でも早く、相手に謝罪するべきです。


IMG_3742-d7406.jpg

手遅れになる前にね。


スポンサーリンク