人を嫌いになる「メカニズム」

この社会には、
「2:6:2の法則」というのがあるようです。

・2割の「好きな人」
・6割の「どうでもいい人」
・2割の「嫌いな人」


このような割合があるようです。
また、
2割の嫌いな人が、居なくなったとしても、
また、どこからか?2割の嫌いな人が増えて、
「2:6:2の法則」のバランスが整うようなんです。

そもそも、
人は何故?人を嫌いになるんだろうか?
嫌いになるには、
嫌いになる「メカニズム」があるのかなって?

人が人を嫌いになるのは、
相手に自分の主観を認めて貰えないからです。

また、
相手と自分が、
お互いが自分の主観を押し付け合うからです。

そして、自分の主観を否定されて腹が立つ。
自分の主観を否定する相手を非難する事で、
自分を正当化させたいと思う心理が働いて、
相手を悪者にします。


それが、「相手を嫌いになるメカニズム」かも知れません。

IMG_0831.JPG


僕の場合は、
「自尊心の高い」人が苦手です。
悪い言葉を使うと「嫌い」です。

自尊心の高い人は、
自分の考えだけを基準にして発言します。
・他人の考えを「無視」して、
・他人の意見を「否定」して、
・自分の意見を「強要」するんです。


自尊心が高い人と会話をしていても、
すぐに「それはダメでしょ!」と否定から入ります。

それも、断定的に否定するのです。

断定的に否定する根拠もないのに、
自分の価値観を基準にして、
「それはダメでしょ!」というのです。

それは、あなたの主観であって、
僕の主観ではないんです。

僕の問題であって、
あなたの問題ではないです。

僕の問題を、
勝手に自分の問題にすり替えるんです。

だから自尊心の高い人間が嫌いなんです。
すぐに他人の言葉を否定する人が嫌いなんです。

IMG_2450.JPG


僕の場合は、
自尊心の高い人が、自分の意見を強要するところに、
嫌悪感を抱くんです。

だから、
そんな自尊心の高い人と「関わらない」のが良いんです。
関わり合わなければ、
嫌な思いをしなくて済むんです。

相手が、自尊心の高い人だと、知らなかったから、
僕は嫌な思いをしたんです。


もう、相手が自尊心の高い人だと知っているから、
そんな人とは会話しなければ良いんです。
会話すると、すぐに人の言葉を否定する人なんですから。

そんな人を相手にする、
僕がバカだったんです。

だから、嫌いな人を、
「2:6:2の法則」の、
「どうでもいい人扱い」すればいいんです。

好きでもなく、きらいでもなく、
「どうでもいい人」に位置付けておくと良いんです。

だって、そんな人とは、
今後も、関わらないと思うので。

どうでもいい人なんです。

嫌いな人の事を、
「ああ、あんな人、どうでもいい人だ。」
と思えば、本当にね、どうでも良くなるんです。


IMG_5115.jpg


人は何故?人を嫌いになるんだろうか?

人を嫌いになるのは、
自分の主観を認めて貰えないからです。

自分の主観を否定されて腹が立つ。

自分の主観を否定する相手を、
「非難」する事で自分を「正当化」するんです。

相手を嫌いになる事で自分のプラドを保つんです。

DSC_0287.JPG



スポンサーリンク