(。・ω・)ノ゙ おはよー♡ 7月11日(木)

おはようございます。

今朝の奈良県は「曇り空」です。
天気予報では「雨」だそうです。

IMG_2357.JPG


今日、7月11日という日は、
僕にとっての「記念日」です。


僕の誕生日だとか、
好きな女性の誕生日でもありません。

僕が好きになった女性と、初めて結ばれた日でした。

今まで、たくさんの恋愛をしてきましたが、
いつも僕は、女性の方から好意を持って頂き、
お誘いがあって付き合うことが多かったんです。

不思議なことに、
僕が女性に恋をし、何度か両想いになった事もあるんですが、
両想いになったと思ったら、転校する事になったり、
親の離婚が決まって家庭が崩壊し、
僕自身も道を踏み外したりだとか。

相思相愛になった女性とは、
1度も結ばれることが無かったんです。


しかし、33歳の時の、7月11日に、
相思相愛だった女性と、結ばれたんです。
気持ちが通じ合えたんです。

777777-633ae.jpg


でも、その恋愛は、すぐに終わってしまいました。

僕は、その女性の「好きな面」しか知りませんでした。
相手もまた、僕の「好きな面」しか知らないんです。


好きな女性の「知らない面」を、知る度に辛い気持ちになるんです。
僕は、相手の女性を美化し過ぎていたのでしょうかね。

恋愛というのは、
本当はそういうものなのかも知れないですね。

相手を知る期間であって、
「この人と結婚して大丈夫なのか?」
調べる期間でもあるのかなって。


出会ってすぐに、
相手の事を何も知らないで結婚すると、
相手の知らない面を知って幻滅するのだろうなって。

相手の良い面も、悪い面も知った上で、
「この人と暮らしたい!」と思って結婚しないといけないなって。

IMG_2507-264c4.jpg


僕が好きになる女性というのは、
「結婚したい!」と思える女性を好きになります。


いえ、「この人と一緒に暮らしたい!」と思うから、
その女性を好きになるのかなって。


僕は恋多き男でした。
それは、
僕に相応しい女性をストイックに求めたからです。

そんな僕は、もうすぐ50歳です。
もう、愛だの恋だのいう年齢ではないですね。

少し前までは、
「この人と一緒に暮らしたい!」と思えた人がいましたが、
もう、過去になりました。

いくら、僕がその女性と暮らしたいと思っても、
相手が僕に興味がないのですから話になりませんよね。


さっさと過去にして、忘れることにしました。
心の傷が深まる前にね。

この先、
僕は死ぬまで独身でいるかも知れませんし、
パートナーが出来るかも知れません。

先の事は期待しません。

僕にパートナーが必要ならば、
神様が与えて下さるでしょう。

僕が独身でいたならば、
僕には、この世でパートナーが必要なかったというだけの事。

IMG_5192.JPG


僕が愛読する「聖書」には、
「天国では結婚する事はない」と書かれています。


天国は、永遠の世界です。
永遠の世界で、結婚することが無いんですって。


だったら、この世で生きている、ほんの数十年で、
無理に結婚しなくてもいいじゃんって思うんです。

それよりも、天国で永遠に暮らせる準備を、
この世でしておいた方が賢いなって。

全て、神様から授かるものなんだって。


そんなこんなで、
今日、7月11日は、
僕にとって、パンチの効いた1日なんです。


さて、今日は用事で出掛ける日です。
準備をしますね。

皆さんも、
今日という1日を満喫してくださいね。

昨日はもう終わりました。
昨日、失敗したなら、
その失敗を活かして、
今日、リベンジしてみてください♪


IMG_8072.JPG



スポンサーリンク