「突っかかって来る人」の「対処法」

みなさんの周りに、執拗に、
「突っかかって来る人」はいませんか?

そういった人への対処法があります。

突っかかって来る人というのは、
概ね、「自尊心の高い人」が多いです。

他人の主観を無視して、
自分の主観を基準にして押し付けてくる人です。


もし相手と会話をしていて、
相手が自分の主観を押し付けてきた場合は、
一旦、相手の主観を「最後まで聞く」んです。

そして、
相手の「主観を認めて」あげるんです。

IMG_5192.JPG


十人十色で、
個人の主観は違って当然です。

だから、
相手の主観を聞いて認めてあげるんです。
例え、それが間違いだったとしても、
それは相手の主観ですから認めてあげるんです。

相手の主観を否定すると、
相手は更に自分の主観を押し通そうとします。
言い争いになる場合もあるでしょう。

だから、相手の主観を最後まで聞いて、
相手の主観を認めてあげるんです。

それが終ったら、
初めて自分が口を開くんです。

「それは、あなたの主観だから否定しません。」
「ただ、私にも私の主観があって、」
「あなたの主観と、私の主観とでは、違いがあるようです。」
「十人十色ですから、主観の違いがあって当然ですよね。」
「相手から、自分の主観を押し付けられたら困りますよね?」
「だから、私は他人に自分の主観を押し付けたりしないのです。」

このように、相手に角が立たないように話せば、
突っかかってくる人も、
突っかかりにくくなります。

IMG_8998.JPG


こういった「言い回し」のテクニックを身に付けると、
皮肉を言う性格の悪い人達にも対応しやすくなります。

「お互い、主観の違いがありますからね」
「折り合いをつけるのが社会ですからね」


このように言えば、
相手は反論出来ないと思うんです。

相手を否定すると、
相手は更にエスカレートします。

相手を肯定すると、
相手はそれ以上、突っかかれないんです。

また、
人をコケにするような人にも対応出来ます。

「お前ってドジだな。」とからかわれたら、
「はい、ドジなんです。」と肯定すると、
相手は、それ以上、何も言えないんです。


人をコケにする人はね、
コケにした相手が「怒る」のを期待するんです。
相手の怒った様子を見て楽しんでいるんです。

だから、コケにされても怒らなければ、
コケにした方が「つまらなくなる」んです。

IMG_0831.JPG


突っかかる人って言うのは、
自尊心が高くて言い争いが好きな人なんです。
口で言い負かすのが好きなんです。
反論してくる相手を、
「論破」して楽しみたいんです。

その真理を逆手に取るんです。

相手が反論してこなければ、
その相手を「論破」出来ないんです。

だから、
反論しないで肯定するんです。

肯定して、
お互いの主観を認め合いましょうと促すんです。



IMG_5115.jpg


スポンサーリンク