言葉の使い方で「誤解」を招くこともある。

言葉の使い方を間違えると、誤解を招く事があります。

例えばですが、
言葉の使い方として、
「短所を指摘」してから「長所を褒める」
このようなテクニックがあります。

「勉強は出来ないけど、サッカーが上手なんだ!」
という言い方と、

「サッカーは上手だけど、勉強が出来ないんだよな。」
という言い方があります。

どちらも意味は同じです。

前者の言い方ですと、
「サッカーが上手なんだな!」という印象が残り、

後者の言い方ですと、
「勉強が出来ない」という印象が残ってしまうんです。

後で発した言葉が、
印象に残りやすい傾向にあるようです。
相手の短所を指摘しながら、長所も褒めれるのです。

しかし、
十人十色で、色んな人がいます。

短気な人は、
人の話を最後まで聞けない人が多いです。
話の途中で、
些細な言葉に引っかかって、急に怒り出す人もいるんです。


そういう短気な人には、
こういったテクニックを使うと誤解を招くんです。

このテクニックでは、
相手の短所を先に指摘します。

短気な人に、短所を先に話したならば、
短気な人は会話の途中で怒り出します。

「この人は、勉強は出来ないけど・・・」と言った瞬間に、
短気な人は怒り出すんです。

「勉強は出来ないけど、サッカーが上手なんだ!」と、
褒める前に怒り出すんです。


そんなことで、
言葉の使い方って難しいんです。

相手に合わせた話し方をしないと、
こちらの意思を伝えられない場合があるんです。

会話する相手が短気な人ならば、
「要件を先に」話すようにします。


要件を伝えて、
疑問があるなら相手は聞いて来ます。

それを、
要件を言う前に、
「大まかな説明」をすると、
短気な人はイライラするんです。
だから、結論から先に言うんです。

短気な人には、
たとえ話や、回りくどい会話は避けましょう。
勝手に誤解されて、会話の場が壊されますから。



IMG_0831.JPG


スポンサーリンク