人間関係の「コツ」

僕は人間関係が下手で苦手です。

何が「下手」で? 
何が「苦手」か?


というと、
自分と相手とは「主観」が違うからです。

相手の主観を押し付けられるのが嫌なんです。
僕の主観を無視されるのが嫌なんです。


例えば、
「僕はクリームパンが大好きで、毎日食べているんです!」
と話をしたとします。

相手は言います。
「それはダメでしょ!」
「体に良くないでしょ!」

このように、断定的な言い方をされると、
僕は嫌な気持ちになるんです。

僕の主観を完全に否定し、
断定的にダメ出しされると嫌な気持ちになります。


本当に、
毎日クリームパンを食べていると、
体に良くない場合があるかも知れませんが、

「言い方」

というものがあると思うんです。

一旦、僕の話を聞いて欲しいのです。
「ああ、クリームパンは美味しいですよね」
と言ってくれた後に、
「食べ過ぎると体に悪いから気を付けないとね」
と補足すると、僕は嫌な気持ちにはなりません。

それを、いきなり、
僕の話を最後まで聞かないで、
「それはダメでしょ!」と否定されては、
何だか人格まで否定されたような気持ちになるんです。


だから、
そういう断定的な言い方をする人や、
否定的な言い方しか出来ない人と会話する時は、
用件だけを伝えるようにしているんです。

もう、世間話をしないようにしているんです。
余計な事を話して、
また、否定的な言い方をされたら嫌ですからね。

極力、
他人の話を否定的に捉える人とは会話を避けています。
断定的に、
「〇〇でしょ!」「ダメでしょ!」
という言葉を多用する人とも、会話を避けています。

そうやって、
相手を見て会話の方法を変えるのが、どうも苦痛でね。

性格が合う合わないというのは、
個人個人の「主観の違い」があるから当然です。

しかし、
いくらこちらが妥協して、歩み寄ったとしても、
相手が自分の主観を押し付けるような人ならば、
嫌な気持ちになってしまいます。

そういう人と、
関わらないのが得策かなって。
プライベートな会話は止めた方が良いかなって。

自分にも「主観」があって、
相手にも「主観」があります。

お互いが、お互いの主観を尊重し合って、
折り合いを付けて行くのが社会だと思うんです。


折り合いが付けれずに、
自分の主観を押し付けてしまうと、人が離れて行きます。

もし?
自分の周りに友達が少ないと思うなら?

自分の、普段の言葉使いをビデオにでも録画すると良いでしょう。
普段から、他人の言葉を「否定」したり、
「ダメでしょ!」だとか断定的な言い方をしているかも知れません。

僕は、断定的な言い方をしたり、
すぐに否定的な言葉を発する人とは、
間違っても友達になんてなりたくないです。

もし、相手が間違った事を言っていたら、
相手の話を最後まで聞く事です。

最後まで話を聞いてから、
疑問に思うことを質問すると良いんです。

人の話を最後まで聞かずに、
話しの途中でダメだしする短気な人も多いです。

人の話は、黙って最後まで聞く。
そして、相手を「否定」しない事です。


人間関係を上手に保つには、
相手を否定しない事です。

もし、相手に間違いがあったならば、
否定しないで、
「提案」してあげると良いんです。

それは間違いですと言うのではなくて、
「それが、あなたのやり方だったのですね。」
と相手のやり方を認めてあげてから、

「私の場合は、こんなやり方で上手に出来ましたよ。」
と提案すると角が立たないと思うんです。



「こうしないとダメでしょ!」と言われるのと、
「こんなやり方もあるよ♪」と言われるのとでは、


皆さんはどちらが良いですか?

言葉の使い方なんです。

相手に対して、思いやりがあるから、
優しい言葉が出るんです。

相手に対して、思いやりの心が無いから、
否定的な言葉が口から出るのでしょう。


IMG_5192.JPG




スポンサーリンク