恒例行事に「変化」を入れてみようと思う♪

週に3回、用事で出掛けます。
出先では病気の治療をしています。
4時間、ただベッドの上で寝ているだけです。

その「4時間」を、
どのように「活かす」のが理想だろうか?

僕は「人間関係」が下手で苦手です。
だから、4時間の治療中には、
誰とも会話をしないように寝ています。

目をつぶっていても、寝ていない事もあります。
最近では「アイマスク」を付けています。

人間関係が下手で苦手なら、
無理して人に合わせることはないかなって思うんです。
苦手な人もいます。
だから、僕の対処法としては、
・見ざる
・言わざる
・聞かざる

を徹底するんです。

そうすれば、苦手な人とも関わる事がなくなります。
また、苦手な人と関わらない事で、
「心に余裕」が出来ます。

心に余裕が出来ると、
苦手だと思っていた人の事が、
「どうでもよくなって来る」のです。


苦手意識というのは、
「スランプ」のようなもので、
スランプの時は、何をやっても上手く行きません。

だから、開き直って、
別の事をするんです。
楽しい事、好きな事に没頭するんです。

そうすると、
気持ちが前向きになって来て、
スランプだった物事に対して、
「禁断症状」のよな感じで、
「やりたくて仕方がない」状態になります。

いざ、やりたくなって、やってみると、
スランプが、まるで嘘のように思えるほどです。

スランプのときに、
もがき苦しんで努力するよりも、
他の楽しい事をすれば良いんです。

それと同じで、
人間関係で苦しんでいる時、
我慢したりだとか、
人間関係を良くしようと努力しなくて良いと思うんです。

その場から立ち去ったり、
人間関係を変えるだとか、
苦手な人とは関わらないのが得策です。

人間関係が苦手になるのは、
相手にも問題がありますが、
ほとんどの原因は自分にあると思うんです。


自分の心に「余裕」がないから、
人間関係に余裕がなくなると思うんです。

心に余裕をもたらすために、
心に刺激を与えるのも得策ですね。

今日は出掛ける日です。
少し、変化を入れてみようと思います。

「ラジオ」を聴こうと思うんです。
いつも、
好きな音楽を聴いて、
自分の世界に閉じこもっています。

今日は、
他の世界の様子をラジオで感じてみたいです。


IMG_2280.JPG



スポンサーリンク