人を動かすためには?

最近、粒あんが食べたくて仕方がありませんでした。
「食べたい!」と思っていると、
食べれました。

それがね、
「食べれたらいいけど」
「食べたいんだけど」

こんな風に思っていると、
食べれない事が多かったかなって思うんです。

「食べたい!」
というのは、
素直な気持ちです。
素直に食べたいんです。

しかし、
「食べれたらいいけど」だとか、
「食べたいんだけど」と言ってしまうのは、

「どうせ食べれないんだろうな」
という潜在意識が働いているのかも知れません。

自分が、
「どうせ私には無理だ」
なんて思っていると、
何をやっても無理なんです。
やる前から諦めているんですから。

どうせ私には無理だと思うような事でも、
少し言葉を変換してみると、

「今の私には無理かも知れないけれど」
「どうやったら、私にも出来るのだろうか?」


このように言葉を少し変換すれば、
突破口が見つかるかも知れませんね。

IMG_7813.JPG


やった事がない物事は、
誰だって自信がないものです。

やったことが無ければ、
やるまえに予習しておくと良いんです。
練習すれば良いんです。

いきなり本番ではなくて、
「練習」してから、
チャレンジしてみたら良いんです。

私には無理だと思うのは、
正しい判断だと思うのですが、
「どうやったら出来るようになるのか?」
考えてみる事も大切だと思うんです。

というかね、
「私には無理」
という言葉の裏には、

「私は、そんな事に興味がない」

という心理がある場合があるんです。

興味がないし、
やりたいとも思わないのです。
だから無理といって断る場合があります。
それも正しい判断だと思います。

やりたい事だったら、
率先してやるでしょうし。

やりたくないことを、
無理にやる必要もないですからね。

IMG_1278-e5e78.jpg


結局のところ、
自分が興味を抱く事ならば、
やる気になって努力するのでしょうね。

だから、
「私には無理だ!」
と言う人がいても、
その人の意志を尊重する方が良いのでしょうかね。

やりたければやれば良い。
無理だと思うなら辞めておけば良い。

「やれば出来るよ!」
だなんて、
無理やり善意を押し付けると、
相手の「負担」になるかも知れませんからね。

「やれば出来るよ!」
と声をかけるのではなくて、

どうやったら?
相手が「やる気」になるのか?
考えてあげたら良いかもね。


自分が楽しんでいる所を、
相手に見せる事だと思うんです。

そうすると、
相手は、
「私も楽しんでみたい♪」
と思うでしょうし、
自分で工夫をすると思うんです。


相手を動かすのではなくて、
理屈で説き伏せるのではなくて、
自分が相手に、
楽しんでいる姿を見せる事だと思うんです。

そうすれば、
相手は勝手に動きますから。

人を動かすには、まず、自分が動く事です。


IMG_6407.JPG