思い立ったが吉日、水槽を洗いました♪

夕飯を食べ、
メダカ達にエサをあげ、
ボーっとメダカ達を観ていました。

「ポニョメダカ」という、
目ん玉が大きいメダカがいます。
ポニョメダカの子供が少ないと思ったので、
もっと増やそうと思いました。

IMG_1130.JPG


・ポニョメダカ(オス)1匹と、
・他のメダカ(メス)3匹を、

1つの水槽で育てます。
交尾をして卵を産んでもらうためです。

IMG_9964.JPG


ってなことで、
思い立ったが吉日。
水槽の掃除をしました。

こちらの水槽の稚魚達を、
大きな水槽へ移しました。

IMG_1707.JPG


チェリーシュリンプ達も、
他の水槽へ分散させました。

IMG_1897.JPG


掃除にかかります。

IMG_1896.JPG


IMG_1899.JPG


IMG_1900.JPG


水槽の中を空っぽにしました。
そしてスポンジでコケなどを洗い落とします。

IMG_1901.JPG


あっという間にキレイな水槽に♪

IMG_1904.JPG


僕の家の水槽は、
全て「底面フィルター」を使っています。
モーターを使わずに、
「エアーリフト式」で作動させています。

IMG_1908.JPG


モーターを使わない理由は、
・モーターで水温が高くなるのを防止
・ブルカミアGソイルは「微生物の力」を使うソイルです。
 エアーリフト式で、ゆっくり水流を循環させる方が、
 「生物ろ過」には有効だからです。


IMG_1909.JPG


ブルカミアGというソイルを洗いました。
お米をとぐように。
このソイルは「弱アルカリ性」です。

IMG_1911.JPG


IMG_1913.JPG


弱酸性のソイルを使っている時は、
石巻貝やヒメタニシの殻が解けました。
酸性だからでしょうかね。

アルカリ性のソイルにしてからは、
メダカ達が元気です。
チェリーシュリンプ達にも合っているようです。


カルキ抜き剤を入れ、
水を入れて行きます。

IMG_1915.JPG


IMG_1916.JPG


少し水が濁っていますが、
すぐにキレイになります。

IMG_1918.JPG


作業時間は、
約1時間ほどです。

明後日にでも、
ポニョメダカと、
他の元気なメダカを入れてみます。

冬前に、
卵をたくさん産んでくれると良いな。