美人な女子大生に年下扱いされた思い出。

僕が16歳の時です。
凄くキレイな女子大生の方と仲良くなった。
そして、
僕の家に遊びに来てくれるようになりました。

僕は相手が年上の女性ということで、
かなり甘えていました。
当時、
まだ彼女がいませんでしたし。

彼女になって欲しかった訳ではなくて、
ただ、
「エッチなこと」をしたかった。

というのも、
いつも女子大生はミニスカートです。
いわゆるボディコンです。
当時は空前の「ディスコブーム」でした。

僕にとっては、
目の前の女子大生が、

「いつも見ているエロ本から、
そのまま飛び出してきた??」

そのような感じに思えたんです。

また、
何だかね、
僕を年下だと思って、
「挑発」しているかのようでした。

家に来てくれて、
世間話をしている時、
事あるごとに、
「チューしたい!」
と言い続けました。

女子大生は、
鼻で笑っていました。

あっという間に時間が過ぎて、
女子大生が家に帰る時間です。

玄関に行ったとき、
女子大生が、
僕の首に両手を回してきました。

僕の顔を引き寄せて、
キスしてきたんです。(;゚Д゚)

僕はね、
ビックリしたし、

それでいて、
男のプライドみたいなのを、
くすぐられたような?

女性からキスされるだなんて、
やっぱり俺を年下扱いなんだなって???

それでね、

「負けてられるか!」

ってな気持ちで、
舌を入れて応戦したんです。

それは、まるで、

「水を得た魚」

のような感じでした。( ´艸`)


必死に舌を動かしていると、
何だか我に返ってね。

何だか疲れちゃってね。

そっと、
顔を離しました。

すると、
女子大生が言いました。

キスをする時は、

「舌を入れるのは10秒経ってからよ!」

その言葉が、
更に悔しく感じた。

年下扱いしやがって!って。( ´艸`)

実際、
僕は年下なのですが、
何だろう、
上から見られている感じ?

負けてる感じがしてね。

そんなこともあって、
僕は女性から、
迫って来られると苦手。

女性から、
迫られると逃げたくなる。

どちらかというと、
僕は女性を追いかける方です。

優しくされると、
やっぱり嬉しい。

女性から冷たくされると、
その女性を嫌いになる。
顔も見たくない。( ´艸`)


でもね、
今思うと、
その女子大生のキスが、
凄く上手だったな。

言うだけのことはあったな。


IMG_7821-3c95e.jpg