昆布な男女

犬を散歩させている女性を見ると、
ある偏りを感じる時がある。

例えばの話しでが、

ブルドッグやパグを、
人通りが多い所で散歩させているような女性には、
ペット愛が少ないように感じる。

*僕の偏見かも知れませんが。

そして、
普通の女性は「トイプードル」だったり、
その時の流行りのワンチャンを散歩させている。
愛犬家って感じが漂って来ます。


もっと解りやすく言うと、
美人な女性は、
自分よりも容姿が劣った女性と、
一緒に歩くと優越感があるようです。

それは男性も同じです。

よくコンパで誘われる女性も同じです。

「人が足りないの!」

と女友達から連絡を受けて、
喜んでいるでしょうけれど、

あなたがコンパの主催者だった時、

「誰を誘いますか」

ということです。

あなたは、
自分よりも「可愛い子」を誘いますか?

そんな事をしたら、
コンパに集まった男性は、
みんな、
その可愛い子に取られちゃいます。

だから、
自分よりも劣った友達を誘うものです。


また、
自分が「ダシ」に使われているのを、
「知っていて」「解っていて」
参加する人もいる。

それは、
「棚ぼた」
を期待しているからです。

棚から牡丹餅のことわざのように、
ひょっとしたら?
奇跡的に?
運命の人と出会える?

と、幻想を抱くのです。

しかし、よく考えてください。

あなたはなんで?
コンパに参加するのでしょうか?

「モテないから?」

でしょ?

モテない人が、
コンパに行ってモテるのだろうか?


それに、
コンパに集まる男性に、
「素敵な男性」
がいるのでしょうか?

素敵な男性はね、
そんなコンパに参加しなくても、
彼女が出来るんです。

彼女が出来ない、
素敵ではない男性が、
「コンパ」を開くのです。

そこへ集まるのが、
モテない女性なんです。

仮に、
コンパに来ているイケメンがいたとする。

そのイケメンは、
なぜ?
彼女が出来ないのでしょうか?

内面的な理由で、
彼女が出来ないのでしょう。

その逆も然り。

内面の悪い美女が、
コンパに来るのでしょう。


そして、
コンパの目的は何だろう?

出会いを求めたり、
肉体関係だけが目的だったり、
寂しさを紛らわすためだとか。


自分の魅力を引き出す努力をしないで、
他力本願的なコンパに頼って、
つまらない人生を消費する。

それならば、
自分を磨いて、
成長させて、

輝いたらどうなんだろうか?

輝くと、
世の男性はほっとけません。

輝いた女性を手に入れたくなる。


僕は、
笑顔が可愛い女性が大好きだ。

良く笑う子が好きだ。


みなさんは、
昆布のように扱われていませんか?

ダシに使われていませんか?


IMG_8609-1c89a.jpg